擬似トラリピレポート 2015年4月 +4,520pips

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150401

今月のドル円は、好調を続けていた雇用統計が期待はずれに終わり、下げスタート。

しかし、FRBによる利上げ期待が市場を支配し始めると、再びドルが買われ120円台へ。

その後、米国の指標発表や、安倍さんのブレーン「浜田宏一」さんの発言などで上げ下げを繰り返し、終わってみれば月初と同じ120円台で月末を迎えました。

スポンサーリンク

擬似トラリピ設定

現在、米ドル円だけ仕掛けています。

  • 通貨:USD/JPY 買い
    仕掛けレンジ:118円~121.5円
    トラップ幅:10銭単位
    1トラップあたり注文単位:1,000通貨~10,000通貨
    利益確定額:50pips(銭)

獲得pips数:4,520pips
※通貨単位を機動的に変更しているため、おおよその数字です。

レンジ相場はトラリピの真骨頂

今月は売買ポイントがはっきりしていましたね。
下図でいうと青枠部分で仕込み、赤枠部分で利確の流れです。

150402

レンジ下限である118円台は、抵抗ラインとして意識されていますね。何度も跳ね返されています。
こういうラインは強いですので、強気で攻めていけます。

150403 150404 150405

仕込んでから数時間~1週間で決済できるのは「保持する期間が少ない」ので、精神衛生上とても良いです。

さて来月に向けて

今月は判りやすいレンジ相場でした。
こういう相場が永久に続いてくれれば、資金管理とかリスクヘッジとかしなくて済むので、楽なんですが・・・

浜田宏一さん(ハマコーではない)も、レンジ上限のなかなかいいタイミングでコメントしてくれました。仕込み待ちの身としてはとっても助かる。なんか憎めないですよね~あの人。笑

レンジが続けば、それだけ相場エネルギーが溜まります。それが上に行くか、下に行くかは誰にもわかりません。

ただ一つだけ言えることは、この相場で「ショートポジションを持ってはいけない」ということですかね。
来月も頑張って行きましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加