擬似トラリピレポート 2014年5月 +3,406pips

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

140508

今月のドル円は、雇用統計の好結果により103円まで大きく上昇したものの、イエレンFRB議長によるインフレ率への懸念コメントで一気に下落。

一日で90pips上下に動くなど激しい動きが発生。その後、13日にはポンド安の流れに引っ張られ、101円台まで下げるが踏みとどまる。

そこからは徐々に値を戻し、102円で頭を押さえつけられては下落の繰り返し。102円前半で月末を迎えました。

スポンサーリンク

擬似トラリピ設定

現在、米ドル円、豪ドル円を仕掛けています。

  • 通貨:USD/JPY 買い
    仕掛けレンジ:100円~104.5円
    トラップ幅:10銭単位
    1トラップあたり注文金額:1,000通貨~5,000通貨
    利益確定額:50pips(銭)~100pips(銭)
  • 通貨:USD/JPY 売り
    仕掛けレンジ:101.5円~105円
    トラップ幅:10銭単位
    1トラップあたり注文金額:1,000通貨~5,000通貨
    利益確定額:50pips(銭)~100pips(銭)
  • 通貨:AUD/JPY 買い
    仕掛けレンジ:85円~95円
    トラップ幅:10銭単位
    1トラップあたり注文金額:1,000通貨~5,000通貨
    利益確定額:50pips(銭)
  • 通貨:AUD/JPY 売り
    仕掛けレンジ:90円~95円
    トラップ幅:10銭単位
    1トラップあたり注文金額:1,000通貨
    利益確定額:50pips(銭)

獲得pips数:3,406pips
※通貨単位を機動的に変更しているため、おおよその数字です。

雇用統計の長い十字線は美味しい

ドル円は、雇用統計が玉虫色の結果に終わったことで、大きな十字線が完成しました。
140502

下からも上からもという、美味しい展開になりました。

140503

次は21日の大きな下落。長い下ヒゲを作りました。

140504

下落速度が大きかったため、数ポジションだけトレール指値を入れました。

140505

一時的とはいえ、下ヒゲはショートポジションの決済と、ロングポジションの仕込みを同時にやってくれます。
下図は下ヒゲからの上昇リピートです。

140506

このように十字線や長いヒゲなどは、大きければそれだけ、利益を増大させてくれます。

さて来月に向けて

下値「101円」は相変わらず手堅いですが、いかんせん上値が102円台で止められているので、もっと動きが欲しいところです。

利確を50pipsにしているので、レンジ幅が50pips程度に抑えられてしまうと、リピート数が減ります。

そこで利確幅を狭くしてしまうと、次の動きがあった時に利益を取り損ねてしまいます。

こういう相場は焦って動かず、「何もしない」のが一番です。

それでは来月も頑張って行きましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。