PS3 メタルギアソリッド4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオットをレビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

c

コナミの人気ステルスアクション「メタルギアソリッド4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオットをレビューします。

本作は、メタルギアシリーズ初のプレイステーション3用ソフト。
ブルーレイの容量を目一杯使いきり、映像、ボリューム共にこれまでのシリーズより格段にアップしています。

スポンサーリンク

ここを評価したい

より多彩になったステルスアクション

02

さすがシリーズ集大成とあって、メタルギアの本質とも言えるステルスアクションは、かなりのもの。

物陰から索敵、敵を発見したら観察、警戒範囲を確認しながら近づいていき…
後は眠らすのも、永遠に黙らせるのもプレイヤーの自由。状況を判断しながら使い分けていく。

序盤の第1章、2章では敵の銃弾をかい潜りながらの戦闘。

3章からは打って変わって、レジスタンスの尾行ミッションに始まり、バイクアクションと見どころが満載でした。

グラフィックは相当なもの

もともとメタルギアは間に挿入されるムービーが特徴のゲーム。
それだけにムービーには、かなり力を入れているのがわかります。

特に物語の途中、雷電のアクションシーンは圧巻でした。

03
まるで映画を観ているかのようなムービーで、映像だけ独立した作品としてリリースしても良いくらい。

ただ、ストーリーはご新規さんお断りな内容なので、これまでのシリーズをプレイしているユーザー前提で作られているのは、間違いないですね。

ここを改善してほしい

ムービーの長さ

ムービーのクォリティは評価できるんですが、それにしてもムービーの時間が長すぎます。

小島監督は映画のような作品を目指したいんだろうし、これまでのシリーズもそうだったのだけど、あまりにも「間延び」してしまい、逆にマイナスポイントになっていた気がする。

どうでもいいようなムービーシーンも散見され、そこは本道のメインムービーではなく、プレイヤーに任せるようなサブムービーでも良かった気がする。

インストール時間の長さ

ここは改良されてはいるんですが、HDDへのインストール時間の長さは気になりました。

ストーリーの合間の一時的な休憩だと割り切れば、問題ないんですけど、ゲームに没入している場合は、大きなデメリットとなりました。

総評

メタルギア・ソリッドとしての完結編であることから、これまでの伏線を回収するのは見事の一言。

しかし、多くのゲームファンが言うように、ムービーの長さは「ゲームのテンポ」を損ねているという点でもマイナスポイントでしょう。

そもそも、このゲームは数あるゲームの中でも、「ゲーム中にコントローラーを置いておく」機会が多い部類です。

予告なしで1時間くらいのムービーが挿入されたりするので、中断のタイミングに困ります。

「ちょっと時間が空いたので、小1時間ゲームを進めるか」なんて軽い気持ちで、進めていると、1時間後に後悔していたり。。。

そこも「メタルギアらしい」といえばそうなんですが。もう少しムービーはコンパクトで良かったと思いました。

採点:★★★☆☆(3/5)

実質プレイ価格

2014年4月現在、さまざまなバージョンが発売されています。

それほど価格差も変わらなかったので、スペシャルエディションを1,849円で購入しました。

10

約3週間後の4/23に、Amazonマーケットプレイスで1,557円で売却しました。

11

実質プレイ価格は、292円でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>