PS4が発売されたこのタイミングでPS3を買った理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_3082

消費税アップ前日の3/31、通販サイト「yodobashi.com」で、ある据え置きゲーム機をポチりました。

据え置きゲーム機といえば、その前月となる2月22日にソニーより「プレイステーション4」が発売されました。

しかし、私がポチったのはPS4ではありません。その前世代ゲーム機となる「プレイステーション3」でした。

何故、この時期にPS3を購入したのか?その理由を書いてみます。

スポンサーリンク

PS3をこの時期に購入した理由

理由は3点あります。

Wiiの積みゲー処理に時間が掛かっていた

まず、理由の一つがWiiの積みゲー処理を優先させていたことです。

PS3が発売されたのは2006年の12月。ちょうど任天堂の据え置きハード「ニンテンドーWii」と同時期でした。

その頃のPS3は、ゲームハードにも関わらず5万円くらいして、かなり手を出しづらいゲーム機でした。

PS3生みの親である久夛良木健氏も、PS3の失敗が原因でソニーを追われてしまったことから、PS3は「失敗ハード」と呼ばれていました。

確かに5万もするゲーム機は手が出しずらく、私が購入したのはWiiでした。Wiiは特徴的なリモコンを使ったゲーム機でしたが、それなりに面白いタイトルが揃っていました。

Wiiで40作品プレイした私が選ぶ!Wiiをしまう前にやっておきたい名作10選
任天堂の据え置き機で歴代売上ナンバーワンのハードってなんだか判りますか? ファミコン?違います。 スーファミ?いえいえ、違い...

そのため、Wiiのソフトをかなりやりこみ、PS3は後回しにしていたことが理由の一つです。

今ならかつての大作ゲームが安く買える

ハード自体が失敗と言われていたため、PS3のタイトルはしばらく洋ゲー中心でした。

というより、プレイステーションというハードの特性として、発売後の数年間はこれといったタイトルが出揃わないことは過去から学んでいます。

  • プレイステーション … 同時期発売の、セガサターン有利な状況がしばらく続いた。ファイナルファンタジー7が発売決定されてから売れ始めた。
  • プレイステーション2 … 発売後、本来が売れたのはDVDプレイヤー需要。鬼武者、FF10の登場でようやくゲーム機として売れ始めた。

プレイステーション3も例外ではなく、ファイナルファンタジー13が出るまではそれほどタイトルが揃っていませんでした。

しかし、8年も経てばかなりのタイトルが発売されています。

また、Amazonマーケットプレイスを見ると、当時の最新タイトルがかなりの安さで販売されています。

今PS3を購入すれば、当時の最新ゲームが格安で遊ぶことが出来るのです。

PS4のモデルチェンジまで時間がかかる

プレイステーションというハードは、ご存知のとおり、発売して数年後にモデルチェンジを行います。

モデルチェンジした際は、低価格化、省電力化されソフトウェアのバグなども修正されるので、後から購入した方が、絶対的にお得であるハード。

つまり、最新型のPS4も初代から数年経てばモデルチェンジします。その際に値下げされるのか、省電力化されるかはわかりませんが、初代機より確実に進化しているのは、これまでのモデルの歴史から明らかです。

それならば、今からPS3に入っていけば、「プレイしたいタイトル」を終えた頃には、PS4がモデルチェンジしているだろう。こういう推測です。

積みゲーならぬ「やりたいゲー」を消化していきます

以上のように、世のゲーマーさんと呼ばれている方たちとは、8年位ズレちゃっていますが、
これからPS3を初めて体験していきます。

これまでの先人の方たちのレビュー、評価は山ほどネットにありますので、
参考にしながら、自分なりのレビューを始めたいと思います。

また、昔のゲームを今購入したらいくらになるのか?またいくらで売却できたのかも、
記録していきたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>