「第2回 映画について語ろう会」(映画ブロガーサミット)を開催しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1497456_10203191341768498_1807038957_n
3月1日土曜日に、2回めの「映画について語ろう会(映画ブロガーサミット)」を開催しました。

場所は前回と同じく、秋葉原のコワーキングスペース「CSS Space」。

今回は総勢12名もの方にお集まりいただき、映画についてプレゼンしたり、作品について語り合ったり、数日後に発表となるアカデミー賞を予想したりと、とても内容の濃いイベントになりました。

スポンサーリンク

映画について情報交換できる場所

IMG 2136

映画に対する接し方ってひとそれぞれですよね?生まれてからこれまで、当たり前のように存在していた映画というコンテンツ

子供の頃、夢中になっていた特撮ヒーローモノやアニメ、大人になって俳優、監督などに興味を持ち始めてから「なんとなく」見に行っていた映画まで、これまで映画を見たことがない人は、おそらくいないと思います。

映画についての情報は、Webサイトやブログ、雑誌からテレビまであらゆるメディアから得ることができますが、それは自分も含めた大多数の人に向けたものです。

このイベントでは、自分の映画へのスタンスを語ったり、他の映画好きの人と話をして、自分の今まで知らなかった作品を知ることができる「情報交換の場所」なのです。

イベント内容について

内容については、発起人でもあり主催者メンバーでもある柏木さんが自身のブログでレポートを書いてくれています。

第2回「映画について語ろう会」開催しました!〜もし君たちが世界を変えたいと思ったら何をする?→映画について楽しく話せばいいんじゃない?〜 | Tunagu.

かなり詳細に書いてくれているので、マジで書くことありません。自分は感想だけで書いていこうかな。

自己紹介〜アイスブレイク〜

P6550804

はじめは、2テーブルに分けて自己紹介でアイスブレイク。

話すことは簡単な自己紹介と「最近見た映画」などなど・・・いきなり映画について話せるのが、この会の特徴でもあります。

名前だけじゃなく、その人の趣向や日々の映画に対するスタンスなども簡単にわかるので、アイスブレイクの題材としても映画というコンテンツは優れています。

映画プレゼン

次に前半、後半にわけての映画プレゼンです。

1.柳下修平さん

P6550812

トップバッターは「柳下修平」さん。
(”やなぎした”ではなく”やぎした”さんと読みます。紹介の時に間違って呼んでしまってスミマセン!)

柳下さんは、月間40万ものPV数を誇る映画ブログ「A LA CARTE」を運営なさっているプロのライターさん。まさか、2回目にしてこんなに大物に登壇いただけるなど思ってもおらず、主催者側としては、すごいハードル上がったなとw

でも実際にお話すると、とても話しやすい人でトークも楽しい。なにより多くの映画を見ているだけあり、知識も豊富。公開前の映画を海外まで鑑賞しに行っているとのことで、裏話も交えつつかなり盛り上がったプレゼンでした。

Googleプラスを有効に使っているので、「映画名 感想」で検索すると検索結果の最上位にランクされるのだとか!これは、SEOに敏感なブロガーさん達とお引き合わせしたら面白いことになりそう。

2.Mihoko Yokotaさん

P6550817

次はMihoko Yokotaさん。
ご自身で映画についてのトーク会を開催されているとのことで、そちらもちょっと気になりますね。

プレゼンは映画「さよなら渓谷」の舞台裏話など。
舞台裏っていうと監督と俳優の作品にかける秘話だとか、俳優がどれだけ作品に準備したかなどが話題となりますが、ここでの話はバックグラウンドの「関係者同士」の裏話です。

1本の映画は、原作者がOKを出してから、製作会社、配給会社、出演者の所属事務所まで、さまざまな利害が絡むので、企画段階でボツになる作品も多いのだとか。

そういった視点で見ると、世に出ているどんな駄作と呼ばれている作品でも、関係者は苦しみながら作ったひとつの作品となるわけで、そういった視点で見ると、どんな作品も興味が湧いてくるものです。

映画「さよなら渓谷」は自分も觀ましたが、重い題材にも関わらずとても良い映画です。

3.ゆめさん

P6550821
前半最後はゆめさん。
最近、本格的に映画を見始めたとのことで、ご自身の好きな「松本俊夫」さんについてプレゼンしていただきました。

「救われない映画」「ゾンビ映画」などもお気に入りとのことで、これマジで自分の趣向と被りますw。ちなみに自分の前回のおすすめは「ホラー系」だったので、その辺りの話も個別にさせていただきました。

あまり、女性でゾンビ映画見る方にお会いしたことなかったので、これはもしかしたらスピンオフ企画「ホラー映画について語る」イベントもありかなと。

4.ヒナタカさん

P6550825
後半最初は、ブログ「カゲヒナタのレビュー」という映画ブログを書かれているヒナタカさん。

ヒナタカさんの映画ブログは、自分も拝見させていただいてますが、とてもわかりやすくレビュー記事を書かれています。

ちょっと「毒舌」入っているところも、自分的にはお気に入りで、それでいて批判だけで終わらないところも素晴らしい。

「ダメ人間が出てくる映画」についてプレゼンしていただきましたが、「ダメ人間への愛」が感じられて、とても楽しかったです。

スライドの表紙に、「某ネコ型ロボットアニメの主人公の少年」を持ってくるところが、心得ているなとw

5.シオン・ソルトさん

P6550828
プレゼンの常識をくつがえす「動画でのプレゼン」を実演していただいたシオン・ソルトさん。
タルティーン司令部戦略課室長日誌

これまで何本も映画を鑑賞しているとのことで、プレゼン中、さまざまなツッコミをいただきました。ありがとうございます。

ご自身でアニメ映画の同人誌を発行なさっていて、実物を見せてもらいましたが、すごい情報量でビックリしました。

プレゼンは「映画館デビュー用作品」についてで、映画というものに初めて触れる子供向け作品をご紹介いただきました。

アニメ映画ってこれまで、「流行っているものだけ見る」的なスタンスだったので、ちょっと考え方が変わりましたね。

6.柏木さん

P6550810
次は柏木さん。このイベントの発起人だけあって独自視点からの映画プレゼンを披露していただきました。

映画館で見るポスターってあまり意識したことなかったんですが、まぁいろいろありますね。それこそ、メジャーな作品から、マイナーなものまで。

アメリカ版の「風の谷のナウシカ」は、ホントに酷かったw
【衝撃画像】 風の谷のナウシカのアメリカ版ポスターwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww:ふぇー速

さいごに

前回は主催メンバー3人+1人という、かなりの小規模イベントとなってしまい、2回目開催も危ぶまれた映画ブロガーサミット。

蓋を開けてみれば、12名もの方に参加表明していただき、とても楽しく濃い時間を過ごすことができました。

2次会では近所の居酒屋に場所を移し、映画についてだけではなく、それぞれの活動でコラボレーションしたり、誰かの発言をきっかけに皆でワイワイ話したりと一体感がすごかった。

中でも「映画館で座る位置」については、自分的には「ど真ん中しかありえない」と思っていたのですが、「スクリーンの目の前がいい」という人や、「斜め後ろを好む」人がいたりと、これまでの常識がくつがえったのは、新たな発見でした。

もし、このイベントに興味がある人がいれば、どうぞ主催メンバーにご一報お願いいたします。もっともっと盛り上がるイベントに育てていきたいと思っています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>