TSUTAYA DISCASからDMMに乗り換える方法と注意したいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2014 02 01 13 29

DVD/BDのオンラインレンタルを展開しているDMM.comが、「15周年感謝祭」ということで、お得なキャンペーンを開始しています。

そのキャンペーンというのは、月間決まった枚数だけ定額でレンタルできる「ベーシックプラン」が、一定期間割安になるというかなりお得なキャンペーンです。



このキャンペーンの影響を受けると思われるのは、オンラインレンタルの分野で大きなシェアをもつ「TSUTAYA DISCAS」(以後、DISCAS)。
DISCASの方はメインプランとなる「月間レンタル8」で1,958円となっているので、DMM.comに乗り換えるだけで、月間700円近くコストダウンすることができますね。

これはDISCASから大挙して、DMMに乗り換える人が続出するのではないでしょうか?
今後、DISCASが対抗キャンペーンを打ってくるかどうかはわかりませんが、これからDMM.comに乗り換える予定がある人向けに乗り換え方法と注意点をご紹介します。

スポンサーリンク

まずは、TSUTAYA DISCASを「休会」する

はじめに現在加入しているDISCASの休会申請からです。DISCASは利用を停止する際に「退会」という手続きをとらなくてもよく、「休会」という扱いで定額レンタルを止めることができます。

▼DISCASの「マイページ」から画面右中段の「休会」から休会申請します。
01

休会にすると「無料会員」という扱いになるため、これまでの定額リストは「レンタル候補リスト」に移動されます。つまり、これまで蓄積した定額リストは、再度作り直す必要がなくなり、今後また戻ってきても同じリストを使用できるということです。

DMM.comを「翌月はじめ」に契約する

DISCASの休会申請が終わったら、DMM.comへの加入手続きを行いますが、その際には、加入する時期に注意しましょう

DMM.comは1ヶ月間の無料お試しとして、申し込み後、1ヶ月間は無料でサービスを利用することができます。この無料期間が終わった後に有料会員としてスタートするわけですが、問題なのがその「開始日」。

開始するのは「無料会員が終了した日の翌日」となっているため、月末に無料期間を終えてしまうと、残りの数日間で1ヶ月分のレンタル枚数を使わなければなりません。もちろん自動繰り越しプランもありますが、8枚近い繰り越しにはちょっと抵抗感があります。

これを避けるためには、月初めに加入するのがベストと言えます。このキャンペーンは1年間続きますので、急ぐ必要もないでしょう。

乗り換えの際に注意したいこと

DMMでレンタルした作品は、DISCASのレンタル候補リストから削除しておくこと

これまでDISCASを利用していた人は、予約リストに作品をリストアップしていたと思います。DMM.comに乗り換えた際は、そのリストから作品を手動で移すことになりますが、DMM側でレンタルし終わった作品は、DISCASのリストから削除しておきましょう。

もし、今後DISCASに戻る必要性が出てきたり、DISCASも対抗キャンペーンを打ってきてそちらの方がお得だったら、またDISCASに戻ることもあるかと思います。
その際に同じDISCASリストを使いますが、既にDMMでレンタル済みの作品をまた借りる事になってしまいます。

1件、1件削除するのが面倒であれば、思い切って全て削除してしまってもいいかもしれません。

TSUTAYAの繰り越しプランは使い切っておくこと

DISCASの規約では、定額レンタルプランから無料会員に移った場合、繰り越しプランによってそれまで繰り越されていた枚数のカウントが失効されてしまうようです。

●DISCASのヘルプより引用
質問:定額プランから無料会員へプラン変更した場合、繰越し枚数はどうなりますか?

回答:この場合、繰り越すことができません。
繰越しサービスは、定額プランのお客様のみ、適用されます。

そのため、プラン変更の際には繰り越しカウントはもちろん、プラン変更月の残枚数を使い切っておきましょう。

残枚数が多くて難しい場合は、一旦定額プランをより少ないプラン(定額レンタル4)などに変更してから、無料会員になっても良いかもしれません。(定額プラン内の変更なら繰り越し枚数は引き継がれます)

あとがき

それにしてもDMM.comは思い切ったキャンペーンをはじめましたね。

どのサービスも「定額レンタル8枚は約2,000円」という常識がここ何年も続いてきたので、1枚あたりの単価が160円にもなるこのキャンペーンは、それだけに驚きが大きいです。

動画の定額配信サービスなどに押され気味ですが、まだまだオンラインレンタルは品揃えの点でも負けてはいません。

もし、まだ未体験なのであれば、これを機にオンラインレンタルの便利さを体験してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加