興味ある記事を見逃さない!日経電子版「紙面ビューアー」のキーワード機能が便利!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本経済新聞社が提供している、日経新聞が紙面の状態で読める「紙面ビューアー」。
iPhoneやiPadなどのガジェットを使って、昔ながらの「紙面のかたち」で新聞が読める便利なアプリです。

その紙面ビューアーにいつのまにか「キーワード」という便利な機能が備わっていました。

これはもしかしたら「新しい紙面の楽しみ方なのでは?」と感じさせるような便利機能だったので、ご紹介します。

スポンサーリンク

紙面ビューアー「キーワード機能」とは?

紙面ビューアーのような紙面を電子状態で読む場合、画面一杯に表示された紙面を指先でタップしながら読み進めます。

ぱっと見て興味ある記事を見つけたら、ズームタップで記事を拡大させ、視認できる最適な大きさで読むというかたちです。

しかし、そういった読み方だと「自分が興味ある記事」を、時々読み飛ばしてしまうことがありませんか?

この「キーワード機能」は、事前に自分の興味あるキーワードを登録しておき、その言葉が含まれている記事をハイライトしてくれるという便利な機能です。

キーワード登録の仕方

今回はiPad miniの紙面ビューアーアプリを使ってみます。

▼画面右下の「設定」をタップして、設定画面を呼び出します。
スクリーンショット 2014 01 23 9 44

▼設定画面の中段にある「登録キーワード一覧」に、ハイライトしたいキーワードの「登録名」を追加します。
5つまで登録可能です。下図は実際に私が登録している内容です。
登録名をそれぞれタップすることで、設定の「有効、無効、追加、登録」が可能です。
スクリーンショット 2014 01 23 9 46

▼追加した「登録名」をタップします。登録名ごとにキーワードが登録可能な画面が表示されます。
例えば、iPhoneという「登録名」に、「iPhone、iPad、アップル」などの関連キーワードを複数登録することができます。
IMG 2367

▼さて、実際に紙面を見てみましょう。
登録しただけではまだハイライト表示されません。画面下部の「キーワード」をタップします。
IMG 2368 2

▼キーワードとして登録してある記事が、ハイライト表示されました。
下図の場合、真ん中の記事は「ゲーム」という登録名で「任天堂、ソニー」を登録してあったため。
下の記事は「携帯キャリア」という登録名で、「ドコモ、au、ソフトバンク」と登録してあったためハイライトされています。
IMG 2369

さいごに

今回、追加されたキーワード機能は、これまで紙面ビューアーの弱点とも言えた「抽出」の部分を補った、画期的な機能と言えますね。

もっとも電子版自体は、「紙面で読む方法」と「リスト形式で読む方法」があるので読み方はひとそれぞれです。

しかし、一覧性がある「紙面の良さ」というのも侮ることはできません。
正しい読み方としてはハイライトされた部分だけ読むのではなく、あくまでも「読み逃さないため」の機能として使うことなのかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>