凄まじい熱気に包まれた巨大な飲み会「Dpub9」に行ってきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Clogo

11ヶ月ぶりの東京開催となる立花岳志さんの主宰するイベント「DPUB9」。
イベントの存在は以前から知ってはいたのですが、都合がつかなかったり、チケットが取れなかったりで、なかなか参加することが出来ませんでした。

とはいっても、イベントというより「巨大な飲み会」なわけですが、ただ飲むだけではありません。
会いたい人に会えたり、以前知り合った人に再会出来たりと仲間を求めるならば、一度は行っておきたいビッグイベントでもあります。

今回は一般参加者(過去参加者とは違う枠)の中で一番乗りしてみたり、事前リサーチも万全にするなど気合いを入れて望みました。

スポンサーリンク

その熱気に「圧倒された」の一言

DPUBは「ひたすら飲み、語る」イベントです。
実際に体感してみると、そこに集まった180人もの熱量と言ったらハンバなかった。

会場でもある「しゃぶ庵 豚組」に、午後1時だというのに鳴り響く乾杯の轟音。
乾杯の後には、ひたすら近くにいる参加者に声をかけ、名刺交換や交流を繰り返すという独特のルール。

自分は初参加とはいえ、ここ1年間ブロガーイベントに積極的に出席したこともあり、既に知り合っている人もいて、それほど「はじめて」という感じはしませんでした。

それでも初対面の人も多く、宴の後に残った名刺を数えると100枚用意していった名刺は残り40枚ほどまで減っていました。
こんな事はいままで無かったことなので、まさにDPUB恐るべし!

会ってみたい人と知り合うチャンス!

普段から多くのブログを読んでいると、「このブログ書いている人に会ってみたい」という衝動に駆られます。
それは著書を出版されている立花さんのような方だけでなく、自分と波長の合う記事を書く人だったり、「いい記事書くな〜」といったファン目線で記事を読んでしまう人に対してです。

もちろん、DPUB以外のブロガーイベントに頻繁に参加することでも、そういった方達とも知り合うきっかけはあるでしょう。
しかし、それはセミナー後の交流会などであり、全ての「会ってみたい人」に会う機会はそうあるものではありません。

その点、このDPUBは「元祖ブロガー祭り」的な要素が多く、セミナー後の交流会ではお目にかかれないような方達にお会いすることができる可能性は圧倒的に高いです。
おかげで事前に作成しておいた「会いたい人リスト」は9割くらい達成することができました。

個人的な反省点

IMG 2617
もちろん楽しかったことばかりではなく、反省すべきこともありました。
それは、多くの初対面の人と交流することはできたものの、既に知り合っている人と話す機会が少なかったということです。(自分が原因ではあるのですが・・・)

DPUBは180人もの人が参加するイベントという性質上、どうしても1人と長く話す時間より、多くの人と知り合うことを目的にしてしまいがちです。

限られた時間の中で交流しなければならないわけですから、それも仕方ないといえばそうなのですが、流れ作業的に名刺交換することで、いただいた名刺の数は増えていくものの、それに伴った会話が出来ていたかというとそうでもない。

おそらく名刺交換済みの人でも今度、再会した時に、また名刺を交換してしまう人も何人かいるでしょう。人との円滑な交流を図るために大事な「相手に興味をもつこと」がおろそかになってしまうのです。

自分が相手に興味をもたなければ、会話の中でそれが相手にも伝わってしまい、相手も自分に興味が無くなっていくでしょう。自然と会話が無くなっていき、次の人へ・・・。結局のところ、その人は名刺を交換しただけで終わってしまう。

「DPUBはそういうイベントなのだ」と言われてしまえば、確かにそうなのですが、もっと「1人1人との交流する時間をもつべきだったな」というのが、個人的な反省点です。

人と知り合って何をするか?

とはいえ、DPUBというイベントは、多くの人間を1カ所に集めるという意味でも、まだ未参加の人は行ってみると良いです。
交流を深めるにしてもまずは会うことが第1歩ですからね。

幹事チームの一員でもある@odaijiさんも記事にされていますが、はじめて知り合った人と今後イベントを開催したり、もっと少ないメンバーで飲み会を開催したりと「知り合った後の交流」ってとても大事だなと思います。

After #Dpub9 気が合った人とは今すぐ「具体的に次に会う日取り」を決めよう | 明日やります

「会いたい人に会うことができた」
そのままファンで終わるか、その人と今後も太いパイプを作れるかは、その後の自分の行動次第なんですよね。

さいごに、こういった出会いの場を設けてくれた立花岳志さん、そして幹事チームの方達には改めて感謝の言葉を述べさせていただきたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] ◆ 凄まじい熱気に包まれた巨大な飲み会「Dpub9」に行ってきましたhttp://onemats.com […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>