モバイルバッテリー「cheero Grip2 5200mAh」は手のひらサイズでまさにお手頃だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Grip2 topimage02 2

iPhoneのようなバッテリー食いまくりのスマホには、既に必要不可欠となったモバイルバッテリー。外出先でも充電できるので、iPhoneと一緒に持ち歩くことが多いガジェットです。

でも、iPhoneは2年ごとに買い換えることはあっても、モバイルバッテリーってなかなか買い換える機会ってないですよね?

これまで、iPhone3GS時代に購入した、「eneloop モバイルブースター」を使っていたのですが、最近ちょっと充電量がヘタレ気味みになってたのが気になりました。

そろそろ買い換えかなぁと、モバイルバッテリーをいくつか物色してみると、最近至るところで、良い評判を耳にするのが、cheeroから発売されている「cheero Power Plus」

しかも、人気漫画「よつばと!」とのコラボモデルである「ダンボーバージョンのminiモデル」です。これは気になるぞ!

うーむ、確かに魅力的ではあるんですが、サイズが気になりました。
厚さが3.5センチもあるんですよね〜。これだと自分のバッグに入れるとちょっと膨らみすぎてしまいそうな気がします。
111
もう少し、厚みがないモバイルバッテリーはないかということで、発見したのが同じcheeroから発売されている「cheero Grip2」です。

Grip2 topimage01

容量が5200mAhありながら、価格も1,980円とお手頃じゃないですか!
ということで早速、購入してみました。

スポンサーリンク

cheero Grip2 5200mAh レビュー

▼4色あるカラーの中から選べます。iPhoneの色にあわせて「ホワイト」を選択しました。
IMG 2519

▼内容物は「cheero Grip2」本体と、本体充電用USB-MicroUSBケーブル、専用ポーチ、取扱説明書の4点。
IMG 2521

▼本体を手に取ってみました。丸みを帯びたデザインでとても持ちやすいです。
IMG 2536

▼充電方法は、付属のUSBケーブルをパソコンのUSBポートにつなぐか、家庭用コンセントにUSBアダプタかまして接続します。(USBアダプタは付属していないので、スマホ付属のアダプタなどが必要)。MicoroUSB対応のAndroidスマホにも対応しています。
IMG 2537 2

▼バッテリーを上部からみたところ。USB 1Aの出力口とLEDライトが見えます。
20131224_cheero

▼LEDライトを点灯させるには、電源ボタン2度押しします。意外に明るいので、停電の時などは役立ちそう。
20131224_cheero

▼本体とカードのサイズ比較、これだけ小さいと持ち歩きやすいですね。
20131224_cheero

▼iPhoneを充電してみたところ。
IMG_2275

▼愛用の「ポーターフリースタイルワンショルダーバッグ」に入れてもカバンが大きく膨らむこともありません。
20131224_cheero

▼カバンに入れながらの充電もできますね。
20131224_cheero

あとがき

買ってから2、3回充電してみましたが、使い勝手は概ね良好です。
eneloopは電源ボタンの長押しが必要だったけど、Grip2はボタンを一度、押すだけで充電が即座にはじまるので、充電開始時の機動力は段違いに速くなりました。

「cheero Power Plus」のダンボーバージョンも魅力ですが、ダンボーバージョンにこだわらないのであれば、Grip2の方がコストパフォーマンスは良さそうです。

商品名 cheero Power Plus DANBOARD version -mini- cheero Grip 2 5200mAh
価格(Amazon) 3,250円 1,980円
重量 140g 126g
サイズ 74mm(W)×48mm(H)×34mm(D) 99mm(W)×46mm(H)×25mm(D)
容量 6000mAh 5200mAh

デザインもグリーンやピンクなど、明るいカラーも揃っているので女性ユーザーにも人気が出そうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加