速読ならぬ速視聴派におすすめ!動画を倍速再生するなら「VLC media player」が便利!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2013 12 20 15 35 2

映画やビジネス教材などの「動画」を視聴する時間って、累積すると結構な時間になります。

本ならポイントごとに目を通す「速読」があり、1日に数冊読むこともできますが、動画の場合はそうはいきません。2時間の映画なら2時間の時間を取られてしまいます。

それならば、再生速度を変更できるソフトウェアがあればいいのですが、世に出回っているほとんどのプレイヤーでは、動画と音声の再生にズレが生じていることが多く、あまり快適な再生とは言えません。

しかし、ついに目的の条件を満たすソフトを発見しました。それは「VLC Media Player」というソフトです。

フリーソフトかつ、WindowsでもMacでも使えるという、速視聴派には嬉しいソフトウェアであります。

スポンサーリンク

VLC Media Playerとは?

VLC Media Playerは、動画ファイルだけでなくISOファイル、DVDドライブなどのデバイスからの直接再生、ストリーム再生に対応しています。

本来、OS上で動画を再生するソフトウェア(プレイヤー)は、ソフトとは別に動画形式に合ったコーデックが必要ですが、このソフトはコーデックも内蔵しているので、別にインストールする必要がありません。

また、WindowsやLinux、MacやUnixにも対応するマルチプラットフォームのため、このVLC Media Playerの操作さえ覚えておけば、OSごとにプレイヤーを使い分けることもありません。

インストールは簡単

インストールはOSに合った「実行ファイル」をダウンロードして実行するだけです。
下記ページより「VLCのダウンロード」ボタンクリックでダウンロード開始です。

VideoLAN – オープンソースのビデオフレームワークであるVLCメディアプレイヤーの公式ホームページ
vlc

ダウンロード完了後、実行すればインストーラが起動し、自動インストールがはじまります。
多言語対応のソフトなので、「日本語」を選択する必要がありますが、インストールウィザードはそれで完了です。

あまりに簡単なので画面ショットは貼りませんw

再生速度の変更方法

VLC Media Playerで動画を再生したら、早速速度を変更してみます。
変更方法は、下記の2パターンがあります。

  1. メニューから指定する方法
  2. ホットキーで変更する方法

メニューから指定する方法

メニューから変更する場合、画面上部のメニューから「再生」を選択します。
メニューの中に「再生速度」のバーがあるので、このツマミを右にスライドさせれば速くなり、左にスライドさせれば遅くなります。
再生速度は、0.25x〜4.00倍の間で変更可能です。

スクリーンショット 2013 12 20 14 56

動画開始時に一定の速度で再生することがわかっていれば、ここでマウスクリックだけで速度設定ができます。頻繁に速度変更しないのであれば、この方法で充分です。

ホットキーで変更する

動画再生中に、シーンごとに動的に速度を変更したい時ってありますよね?しかし、その度にメニューから速度を変更するのも面倒です。

その手間を省くために、「ホットキー」という便利な機能があります。

ホットキーとは、各設定をショートカットとしてキーボードのキーに割り当て、ボタン一発で設定を変更する便利な機能です。

「ホットキー」の設定をするためには、画面上部のメニューから「環境設定」を選びます。
「環境設定」が開いたら、一番右のタブに「ホットキー」がありますので、クリック。

ホットキーの設定項目の中に、「速く」「ゆっくり」「通常レート」「少しだけ速く」「少しだけゆっくり」というアクションがあるので、それぞれにキーを割り当てます。
スクリーンショット 2013 12 20 15 06 2

「速い」「ゆっくり」で1.00x単位で変更でき、「少しだけ速く」「少しだけゆっくり」で0.01x単位で変更できます。
私は写真のようにEnterキーに近い位置に、割り当てています。

さて、ホットキーで変更した場合、変更後の速度はどこで確認したらいいのでしょう?

答えは動画の中にあります。
動画再生中に変更した設定は、再生中の動画の右上に「変更後の速度」が1秒間程度表示されます。これで今の速度がわかりますね。

全画面 2013 12 20 14 45

再生速度を柔軟に変えられるって便利!

いや〜、VLC Media Player便利です!かなり重宝してます。
映画やドラマをPC経由で観ることが多いのですが、はっきり言って通常速度では、かったるくて観ていられません。

オープニングやエンディングなど、早送りしたい場面っていたるところにあります。観てて「あ、ここは飛ばそう」ってところです。

はじめから終わりまで一定の倍速スピードで、一部の部分だけホットキーで超スピードすれば効率良し。

再生速度を2倍にすれば、2時間の映画が1時間で観れます。4倍速なら30分、8倍速なら15分です。実はこれも訓練次第で速い速度に慣れることは可能です。

自分は日本語音声なら3倍速、字幕なら8倍速で動画を観ることができるようになりました。
限られた時間の中でたくさんの動画を観るためには、速視聴は正義なのです!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>