NISAの配当受取は「株式数比例配分方式」にしないと非課税にならないことに注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Top mv ttl 2

NISA(少額投資非課税制度)のメリットの一つは「配当金が非課税になる」ことです。

配当金は今年で終了してしまう証券優遇税制の廃止により、税率が10%から20%に増税されてしまうため、非課税になるメリットは大きいと言えます。

しかし、そのメリットも「配当金受取方法の選択」を誤ってしまうとNISA口座であるにもかかわらず、20%課税されてしまう危険性があるので注意が必要です。

スポンサーリンク

いくつかある「配当金受取の方法」

証券会社に口座を開設した時に選択できる「特定口座」と「一般口座」では、配当金を受け取る際に3つの受取方法が指定可能です。

  1. 配当金領収証方式・・・郵送された郵便小為替を郵便局で現金化する方式
  2. 株式数比例配分方式・・・株を保有している証券会社で受領する方式
  3. 登録配当金受領口座方式・・・指定した銀行の口座に入金してもらう方式

かつて株券が紙の証券で発行されていた時代は、1番目の「配当金領収証方式」という郵便小為替で配当金を受け取る方式が一般的でした。株を売買したお金と、配当金は別物として扱われていたわけです。

ただその方式だと一つ問題があって、株式自体に「売却損」が発生しても、配当金は「利益」として課税されるという、ちょっとおかしな現象が発生していたことになります。

その差は確定申告することで相殺できるのですが、裏を返すと「確定申告しないと損してしまう」ということになります。

その後、株券は完全に電子化され、株券自体が実態を持たない電子データになり、株の売買による損失と配当金利益が、口座内で相殺できるようになりました。その方式が2番目の「株式数比例配分方式」となるわけです。

NISA口座ではどうなる?

NISA口座では上記3つの受取方法のうち、2番目の「株式数比例配分方式」を選択した場合のみ、配当金が非課税になります。

私はNISAという非課税になる専用口座をわざわざ開設するくらいなので、はじめから「株式数比例配分方式」しか選択できないと思っていました。

しかし、各証券会社のHPを調べてみると、どうもNISA口座でも「株式数比例配分方式」以外の受取方法を選択できるようなのです。

▽大和証券の場合
スクリーンショット 2013 12 15 17 35 2

▽松井証券の場合
スクリーンショット 2013 12 15 17 34 2

▽楽天証券の場合
スクリーンショット 2013 12 15 17 37

根強く残る「配当金=お小遣い」という感覚

本来、非課税になるはずの配当金。それを課税されてまで、銀行や郵便局で受け取りたい人がどれだけいるかわかりません。

しかし、あえてその受取方法をNISA口座で選択できるようにしているのは、「株を売買するお金とは別に、配当金を受け取りたい」というニーズがまだまだ根強く残っているのでしょう。配当金を「お小遣い」と捉えている人に多いようです。

株を取引するためには証券会社の口座を経由する必要があるので、証券会社に入金される「株式数比例配分方式」にしても特に問題がありません。

証券会社によっては、口座開設時に注意書きがあるはずですが、全ての証券会社で親切に教えてくれるとは限りません。

まだ、NISAはスタートしていませんが、口座開設時の配当金受取で、「株式数比例配分方式」以外を選んでしまった人は、事前に確認しておいた方が良さそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加