050番号の弱点を補う「楽天でんわ」登場。他のIP電話アプリとの使い分けを検証してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2013 12 06 10 42
楽天グループの「フュージョン・コミュニケーションズ」から、新たな音声通話サービス「楽天でんわ」が発表されました。

スマートフォンを使ったアプリ経由の通話サービスは、「050 plus」「SmarTALK」などの他社サービスが先行しており、市場としては既に飽和状態。

今からはじめたところで、「どうせ同じようなサービスなんでしょ?」とタカをくくっていたところ、それは大間違いだということに気づきました。
「楽天でんわ」はこれまでのIP電話サービスとは異なった強みをもつサービスでした。

新たに参入する「楽天でんわ」の強みは以下の3点です。

  1. ネット回線ではなく電話回線を使うので品質が良好
  2. 初期費用・月額料金が無料
  3. スマホの番号がそのまま使える

中でも気になったのはIP電話アプリの弱点であった「通話品質」「番号の問題」をクリアしているところ。

スポンサーリンク

050番号の弱点を補う?

050番号を使ったIP電話アプリサービスは、通話料を削減できるという大きなメリットがあります。しかし実際に使ってみると気づくのが050番号を相手に教えておかなければならないというデメリットです。

電話発信時の050番号を使って掛けると、相手側にはこちらの050番号が表示されます。事前に番号を教えていなければ、当然「知らない番号」から掛かってくるのです。

もし知らない番号から電話が掛かってきたら、どうでしょう?しかも050番号というマイナーな電話番号からです。「なんか怪しい番号から掛かってきたんだけど?」となるのが普通です。

そんな「050番号の弱点」を補ってくれるのが、この「楽天でんわ」を利用することです。スマホの番号であれば相手側のスマホに登録されている可能性も高いので、事前に050番号を周知する手間が省けます

でも通話料がちょっと高め

初期費用も月額料金も掛からない「楽天でんわ」ですが、通話料金は050番号を使ったIP電話アプリと比較すると「30秒あたり10.5円」と若干高めです。

スクリーンショット 2013 12 06 9 51

IP電話アプリ「SmarTALK」が30秒あたり8.4円なので、その差は30秒あたり2.1円。
累積すると1分では4.2円、10分では42円、1時間では252円にもなります。

楽天ポイントが付与されるというメリットもありますが、1%という付与率ではそれほどお得であるとは言えません。

「楽天でんわ」と050番号の使い分け方

「楽天でんわ」と050番号を使い分ける際にカギとなってくるのが、「相手に050番号を教えているかどうか」と「通話の重要性」の2つです。
050番号はまだサービスとして黎明期ということもあり、いつサービスが終了するかわかりません。

現在のところ、050番号のMNP(モバイルナンバーポータビリティ)もはじまっていない段階で、スマホに登録されている全ての人に050番号を周知するのは、早計と言えるでしょう。
050番号は頻繁に電話でやりとりする人に限定しておいた方が良さそうです。

次に「通話の重要性」ですが、「楽天でんわ」の強みはIP通信網を使わない「電話回線」による通話です。会話途中で聞こえづらくなったり、通話が切れたりすることがありません。そのため、ビジネス相手や050番号を教えるまでもない人は、楽天電話から発信するという使い方ができます。

※想定される使い分けイメージ
・050番号で通話する相手
家族、親族(親、兄弟)、連絡を頻繁に取り合う友人など

・「楽天でんわ」で通話する相手
ビジネス相手、上司、連絡を頻繁に取り合わない友人など

他のIP電話アプリとの併用イメージ

050番号と「楽天でんわ」を使った併用イメージを図にしてみました。
20131206_IPApli_hikaku

以前、「050 plus」「SmarTALK」を比較した記事でも述べたとおり、基本は「相手先に合わせた通話アプリの使い分け」がベターです。

固定電話に置き換えるなら?IP電話アプリ(SmarTalk,050Plus)を比較してみる

電話をかける相手が「固定電話」であれば「050 plus」
携帯電話、PHSであれば、「050番号を教えているかどうか?」で「SmarTALK」と「楽天でんわ」を使い分けます

「050 plus」は月額料金315円がかかるため、固定電話の通話が少なくなってきたと感じたら、場合によっては解約して良いでしょう。

解約後は「SmarTALK」を代替手段として使い、固定電話へ掛ける比率が高くなってきた際に、「050 plus」を再開します。

まとめ

電話発信の際にIP電話アプリを使い分けるのは、わりと面倒な上に、通話料の請求も別々に来るというデメリットも存在します。

しかし、節約できる1回あたりの金額は小さいですが、「塵も積もれば山となる」もの。
ここは日頃から「各電話アプリと使い分けるクセ」をつけておくと月間、年間の通話料金を抑えることができます。

このクセをつけておき、普通にスマホから電話を掛けてしまった後に、「しまった、アプリから掛けるの忘れてた!」と思ったらしめたもの。

あなたは徐々に通話料節約体質が身に付いてきています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>