iPhone5Sをついに購入!CB付きMNPで機種変更より4万円近くコスト削減できた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_2404

ついに待ちに待ったiPhone5Sをゲットしました〜。
発売日に「開封の儀」できる人の報告を「いいな〜」と羨ましがりながら早2ヶ月あまり。ようやく念願の新型iPhoneを手に入れました。

何故、発売日に買わずにここまで待ち続けたのか?それは発売日から2ヶ月待ってから購入すると、かなりのコスト削減が見込めるからなんです。

今回、ソフトバンク版iPhone4Sから、各キャリアのiPhone5Sに切り替えるにあたり、コスト削減のポイントは以下の3点でした。

  1. MNPによる優遇策を利用すること
  2. 不要な契約解除料を払わない
  3. キャッシュバック(CB)付きの代理店で買う

この3点を踏まえ、どれだけ安く買うことができたかを書きます。

スポンサーリンク

MNPによる優遇を狙った

今回のiPhone5S発売における各キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の料金プランを比較してみると、見えてくるのが「新規、MNPは機種変更より優遇されている」という事実。

iPhone5sとiPhone5cの料金比較

長年、愛用しているユーザーより、新規ユーザーを優遇するキャリアの施策には、納得いかない部分があります。
3キャリアともそういう姿勢なら、MNPの恩恵を最大限受けてやろうじゃないかということで、ソフトバンクからauにMNPすることに決めました。

こちらの記事でMNPする理由について書いています。

ソフトバンクiPhone4sの2年縛りが終わるなら、auのiPhone5sにMNPするのが最適な理由

不要な「契約解除料」を削減

これまで使っていたiPhone4Sは、2011年10月の発売日に買った時、2年縛りがあるホワイトプランに加入しました。(確か強制加入だった)

2年後の2013年11月10日までに解約すると9,975円の「契約解除料」が発生する契約です。
※2013年11月11日からの2ヶ月間は、更新月となり契約解除料はかからない

解約する際の契約解除料はいくらですか? | ソフトバンクモバイル

そしてiPhone5Sの発売日は今年の9月20日。もし発売日ゲットを狙っていたら当然のごとく契約解除料がかかるわけです。

更新月まであと1ヶ月強だというのに、ここで解約したら解除料がかかる。まぁ、1ヶ月強なら待てるだろうということで、更新月を待つことにしました。

他にも発売日時点では2回残っていた、「iPhone4Sの月々割」が無駄にならなくて済むというのもメリットです。

はい、これで

  • 契約解除料 9,975円
  • 月々割 1,920 × 2回分

のコスト削減が実現できました。

MNPを前提としたキャッシュバックキャンペーン

iPhoneのような1年ごとに新機種が発売されるスマホは、旧機種や売れ筋から外れた機種(今ならiPhone5C)のキャッシュバックキャンペーンを実施することが多いです。

人気機種であるiPhone5Sは、まだキャッシュバックの対象にはなってないだろうと思っていました。
が!なんとキャッシュバックを行っているお店があるじゃないですか!しかも、近所でw

発見したのは、千葉某所にある「PCサテライト」というお店です。
実際に店舗に行ってみると、本当に現金2万円のキャッシュバック付けてました。
※写真見づらくてスミマセン
IMG 2373

キャッシュバック条件も

  • 分割購入であること
  • 指定のオプションに加入すること
  • 指定のコンテンツに入会すること

と、比較的緩く、オプションやコンテンツの解約も簡単に出来るそうです。
難しければ端末を持ち込めば、代わりに解約処理を行ってくれるという良心的なお店でした。

他にも1回だけ修理代金を半額返金してくれるアフターサービスがあったりと、手厚すぎてリピーターになりそうな予感・・・
IMG_2372

総額で比較してみます

ではどれだけ安くなったのか?
以下に「ソフトバンクで機種変更」「auへMNP」で比較表を作ってみました。2年間の利用を前提として総額表示も載せています。

ソフトバンクで機種変更 au(KDDI)にMNP
  月額 総額(24ヶ月) 月額 総額(24ヶ月)
基本使用料 980 23,520 980 23,520
ネット接続サービス 315 7,560 315 7,560
パケット定額 5,460 131,040 5,460 131,040
機種代金 3,675 88,200 3,675 88,200
月々割 -2,230 -51,290 -2,815 -67,560
かいかえ割(12ヶ月)
auにかえる割(24ヶ月)
-1,050 -12,600 -980 -23,520
MNP手数料       5,250
キャッシュバック       -20,000
合計 7,150 186,430 6,635 144,490

※ソフトバンクの月々割は2ヶ月目から開始となるため、23ヶ月で計算

この比較表から見えてくるのは、「機種変更」と「MNP」ではかなり割引額が変わってくるということ。

月々割なら15,000円、「かいかえ割」「auにかえる割」などの各種割引も11,000円とキャリアの契約だけで併せて総額26,000円も差があるという事実です。

これにMNP限定の20,000円キャッシュバックを加えて計算すると、MNP手数料を含めても、
186,430 – 144,490 = 41,940(総額計算)
約4万2千円ものの違いになってくることがわかります。これはお得です!

総額の月額平均は、
ソフトバンク版iPhone5Sが、7,768円
au版iPhone5Sが6,020円
と月額の差も歴然なので、かなりのコスト削減が見込めます。

ちなみにですが、これまで使っていたiPhone4Sは、2年間これだけかかりました。

  月額 総額(24ヶ月)
ホワイトプラン 980 23,520
ネット接続サービス 315 7,560
パケット定額 4,410 105,840
機種代金 2,800 67,200
月々割 -1,920 -44,160
合計 6,585 159,960

※上記表と同じく月々割は23ヶ月で計算

いかがでしょう?
なんとiPhone4Sの総額より、auのiPhone5Sの方が約15,000円安くなるということが判明しました。
3G回線しか使えないiPhone4sより、LTEの高速回線が使えるiPhone5Sの方が安くなるのは意外ですよね。

まとめ

以上のように、1ヶ月強待つだけで、月額6,000円程度でiPhone5Sを運用できることになったのは、我ながらベストタイミングの契約でした。

「もっと待てば一括0円になるよ〜」という意見もありますが、iPhone5Sに限ってはそれほど早く一括0円にならないんじゃないかと予想してます。

もちろん、それはiPhone5Cの存在。今のiPhone5が、「一括0円+キャッシュバック付き」で売られていることを考えると、その在庫が尽きた時に、iPhone5Cがその役目を担い、iPhone5Sは次期iPhone(6?)まで、それほど安くならないと考えています。

2年に1回のiPhone購入検討。比較表作ったり、代理店探したりと、楽しく比較検討できました(笑)。これから新しいiPhone5Sを楽しみたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>