子どもにゲームを買い与える時期はいつぐらいが最適か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

medium_8598735079
photo credit: eldeeem via photopin cc

最近、小学生になった息子がゲームに興味を持ち始めました。

小学校に入ると友達の家などに親抜きで遊びに行くことが多くなりますが、遊びに行った先で、兄弟がいる友達が持っているニンテンドー3DSから影響を受けているようです。

これまで夢中だった仮面ライダーのベルトより、3DSのゲームなどを欲しがるようになりました。

そこで気になるのが世の親御さん達は、いつくらいのタイミングで子どもにゲームを買い与えているのかということです。

スポンサーリンク

ゲームが与える影響

ゲームが与える良くない影響といえば、ゲームに夢中になって勉強をしなくなったり、視力が低下するといったことです。

親としては適度にゲームを楽しむくらいなら理解できるのですが、そればっかりになるのも困る。目が行き届かない時などを考えると安易に買い与えることができません。

だからといって男の子である以上、ずっとゲームを我慢させることはおそらく不可能だと思います。

いつかは買わなければならないのですが、それがいつのタイミングかは正直、迷いますね。

自分の子ども時代はどうだったか

ちなみに私が子どもの頃は、ファミコンが主流の時代だったので、ゲームをするには家庭のテレビを占有する必要がありました。

リビングに置いてあるテレビは、親からは必ず目の届くところにあったため、ゲームの止め時は親がコントロールできていた時代でした。

しかし、今は携帯ゲーム機が全盛の時代。ゲーム機は「1家に1台」ではなく、「1人1台」が主流です。

据え置きゲーム機だけで遊ぶ子どもは、昔に比べて減っていますよね。

携帯ゲーム機であれば、家庭ではなく自室でもプレイできますし、外で友達と集まってプレイすることも可能です。

近所の公園でDSを持ち寄って、小学生が集まってゲームしている光景を見かけますが、あんまり好ましくないないなぁと思っています。

やっぱりルール決めるのが大事

子どもがゲームをする時間を、親がコントロール出来ないのであれば、子どもに自ら守らせるルールが必要になりますね。

「1日1時間」、「宿題や翌日の学校の準備を終わらせてから」などの最低限やっておくルールを作り、それを守らせること。

もしルールを守らなかったら、ゲームは禁止にすること。そして次からはソフトを買い与えないこと。この辺から徹底していくしかないかなぁと思っています。

そういえば、自分の親もそういったルールを作っていましたが、自分がルールを守れていたか思うと、今でこそ親の気持ちがリアルに判ります(笑)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>