iPad Air、Retina版iPad miniはどんな人にお勧めできるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2013 10 23 10 47

米Appleが10月22日(現地時間)にMac製品、最新OS、iPadシリーズなどの新製品を発表しました。

その中でもiPadシリーズの新製品となる「iPad Air」「Retinaディスプレイ版iPad mini」は、さまざまな機能強化が図られ、注目すべき新製品となりました。

それぞれの雑感を述べながら、どんな人にお勧めできるか考えてみました。

スポンサーリンク

iPad後継機種、名前はまさかの「iPad Air」

スクリーンショット 2013 10 23 10 50

まず、現行iPadシリーズの最新機種として発表されたのは「iPad Air」。

これまでは「○○世代iPad」や「新しいiPad」など、いまいち名称に固定感のないiPadでしたが、今回はMacBookでも使われている「Air」という名前をもってきました。iPadシリーズとしては5世代目となります。

・液晶ディスプレイサイズは従来モデルと同じく9.7インチ
・厚さは7.5ミリまで薄型化
・重量は469グラムまで軽量化
・カラーは「スペースグレイ」と「シルバー」
・CPUはiPhone5sと同じ「A7」
・バッテリー駆動時間はWi-Fi利用で最大10時間、携帯電話ネットワーク利用で最大9時間と、従来モデルと同じ
・Wi-Fiアンテナを2本搭載するMIMO(Multiple-Input Multiple-Output)により、IEEE 802.11nのWi-Fiパフォーマンスが最大2倍になっている
・容量ラインナップは16G、32G、64G、128Gバイト
・Wi-Fi版の価格は16Gバイトが5万1800円、32Gバイトが6万1800円、64Gバイトが7万1800円、128Gバイトが8万1800円。
・発売日は11月1日午前8時から世界同時販売

ディスプレイサイズは変わりませんが、本体サイズやCPU、バッテリー持続時間の維持など従来どおりのブラッシュアップで、かなり魅力的な端末になってますね。

iPadのような大きいディスプレイサイズをもつ端末は、自宅で使うことが多いので、厚さや重量より重要になってくるのが、「どれだけ自宅で快適に使えるかどうか」というところ。

その場合、CPUや通信速度が快適さの目安になってくるので、重視するならそこが強化されているかどうかだと個人的には思っています。

CPUはiPhone 5sと同様、64ビット対応のA7チップ採用で、従来より最大4倍向上しているので、アプリの切り替えや表示速度などの向上は快適になるでしょう。

また、Wi-Fiアンテナが2本搭載(従来は1本)され、Wi-Fi速度が高速化されたことは、CPU強化と同じく重要ポイントです。
これまでのiPadはアンテナが1本のため、現在自宅の無線LANで主流を占めていると思われるIEEE 802.11n規格の最大伝送速度600Mbpsには、到底、達することはなく150Mbpsでの速度が限界でした。

アンテナが2本になったことで、理論値は300Mbpsまで高速化されることになります。
(Wi-Fiアンテナの規格値は1本あたり150Mbps。アンテナ4本で初めて600Mbpsの速度が出せる)

iPadを未所有の人のみならず、これまでiPadを使っていた人でも、CPU強化と同時にWi-Fiの速度向上の恩恵を受けられるという意味でも、このiPad Airは買うメリットはあるのではないかと思います。

Retinaディスプレイ搭載のiPad mini

スクリーンショット 2013 10 23 10 51

昨年、初代モデルが発売され、iPadシリーズの売り上げを凌駕するほどの人気をもつiPad mini。

今回は大方の予想通り、Retinaディスプレイを搭載しての登場となりました。7インチ台ではGoogleのNEXUS 7などの競合機種も多いので、このiPad miniのRetinaディスプレイ化は、多くの人が待ち望んでいたのではないかと思います。

・液晶ディスプレイサイズは従来モデルと同じく7.9インチ
・Retinaディスプレイの採用で解像度が2048×1536ピクセル/326ppi(従来モデルは1024×768ピクセル/163ppi)に向上
・厚さは7.5ミリに0.3ミリほど増した
・重量はWi-Fiモデルが331グラム、Wi-Fi + Cellularモデルが341グラムと、従来モデル(308グラム、312グラム)からやや重くなった
・カラーは「スペースグレイ」と「シルバー」
・CPUはiPhone5sと同じ「A7」
・ バッテリー駆動時間は従来モデルと同じ最大10時間を確保している。
・Wi-Fiアンテナを2本搭載するMIMO(Multiple-Input Multiple-Output)により、IEEE 802.11nのWi-Fiパフォーマンスが最大2倍になっている
・容量ラインナップは16G、32G、64G、128Gバイト
・Wi-Fiモデルの価格は16Gバイトが4万1900円、32Gバイトが5万1800円、64ギガバイトが6万1800円、128Gバイトが7万1800円
・発売日は11月中予定
従来のiPad miniも、16Gバイトモデルを3万1800円で販売

iPadシリーズのような本体サイズの大きな変化はなく、CPU、Wi-Fiアンテナ数などの内部的な機能強化が図られました。
中でも、Retinaディスプレイの搭載は非常に魅力的で、MacBookやRetinaディスプレイ版iPadを体験している人で、iPad miniを購入予定の人には文句なくお勧めできるでしょう。

ただ気になったのがやはり「価格」
一番、容量が少ない16ギガバイトモデルでも4万1900円と、1万円近くの値上げとなっていて、この1万円がCPU、Wi-FiとRetinaディスプレイの価格だとしたら正直、微妙な感じがします。

私は去年、発売された初代モデルのiPad miniを所有しており、ほぼ毎日使っていますが、レスポンスが遅いと感じたこともないし、アンテナ1本でもWi-Fiが遅いと感じたことはありません。RetinaディスプレイもiPad miniのサイズで必要かと言われれば、そうでもないです。

円安で値上げする前に、16ギガバイトモデルを28,800円で購入しているので余計高く感じるのかもしれないですが、GoogleのNUXUS 7の価格(27,800円)と比較すると4万円以上のiPad miniは素直に高いと感じます。

「どうしてもRetinaディスプレイじゃないと」という人以外なら、併売される従来モデルでもいいと個人的には考えています。

どんな人にオススメ?

iPad AirはiPad未所有で、購入予定のある人なら文句なくオススメできます。
本体サイズが、薄型化、軽量化されたことで、自宅だけでなく外出先でも使う人もこれから増えてくるかもしれません。
(さすがに電車内ではまだ使う気にはなりませんが・・・)

既にiPadを持っている人でも、初代、2世代目あたりの非Retinaディスプレイの人は買い替え対象にしても良いかと思います。
ちなみにその場合、今持っているiPadをどう使おうか考えている人には、手前味噌ですがこちらの記事をご覧いただければと思います。

次にRetinaディスプレイ版iPad miniですが、これは前述のようにどうしてもRetinaディスプレイで使いたい人なら新型を。Retinaディスプレイじゃなくてもいいけど、iPad miniを使ってみたいという人には、1万円安い従来モデルをオススメします。

iPadじゃなくてもいい人は、GoogleのNEXUS 7にしましょうw

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>