ATMも振込も不要!メガバンクからネット銀行へ無料でお金を移す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット銀行の強みはATM利用手数料や振込手数料などの各種手数料が節約できるところです。前回の記事でも住信SBIネット銀行の利便性についてご紹介しました。

手数料無料で高金利!住信SBIネット銀行がオススメなこれだけの理由

これだけ便利なのであれば全ての決済をネット銀行に集約したいものですが、現在、給与受取や公共料金の引き落としなどは、ネット銀行に対応していないところが多いのが実情です。

そのため、ほとんどの人がメガバンク(みずほ、三菱東京UFJ、三井住友など)経由で給与受取や公共料金の引き落としを行っているでしょう。

メガバンクメインの人はネット銀行にお金を移さなければなりませんが、普通にお金を移す方法には、いくつか問題点があります。

スポンサーリンク

問題と認識できる点

現在、メガバンクからネット銀行にお金を移すには、以下の方法があります。

銀行やコンビニのATMを使う

ATMでメガバンクのキャッシュカードで現金を引き出し、ネット銀行のキャッシュカードで入金する方法です。

一番、手っ取り早いやり方ですが、ATMで大金を引き出し、入金するのは手間ですし、セキュリティ的にも良くありません。

特に後ろで誰が見ているかわからないコンビニでは、ついつい多めのお札を手にすると焦ってしまいますよね。

振り込みサービスを使う

手数料をかけて、メガバンクからネット銀行に振り込む方法です。しかし、手数料がかかってしまっては、ネット銀行の本来のメリットが薄れてしまいます。

メガバンクは振込手数料が高いので、よほどの大金でなければ、振込は使わないのがベターです。

どちらの方法も手軽ではありますが、それなりに問題点もありますね。
そこで今回は、たった2手間かけるだけで、メガバンクからネット銀行にお金を移す方法をご紹介します。

メガバンクからネット銀行にお金を移す方法

この方法は、3つの前提条件が必要になります。どの条件も口座開設、サービス申し込みが必要ですが無料で出来ますし、手間もそれほどかかりません。

  • メガバンクが提供するネットバンクサービスに加入していること
  • 住信SBIネット銀行に口座をもっていること
  • SBI証券に口座をもっていること

上記の条件を満たした上で、実際の資金移しは下記の方法で実現します。

  1. SBI証券にメガバンクから入金し、ハイブリッド口座への移動を待つ
  2. 住信SBIネット銀行のハイブリッド口座から普通預金に振り替える

131010

それではひとつずつ解説していきます。

1.SBI証券にメガバンクから入金し、ハイブリッド口座への移動を待つ

SBI証券にログインして、メガバンクのネットバンキングから入金処理を実行します。

証券会社には即時入金サービスという証券会社と銀行が連携したサービスがあるため、メガバンクから即入金することが可能です。手数料もかかりません。

試しに三菱東京UFJダイレクトから10万円入金してみます。
2013 10 08 120707

SBI証券の口座に10万円入金されたことを確認します。この時点ではまだハイブリッド預金には入金されていません。
2013 10 08 120905

入金が終わったら、SBI銀行のハイブリッド預金に移るのを待ちます。これは即時ではなく翌営業日まで待つ必要があります。

ここが欠点と言えば欠点ですが、手数料節約の必要経費だと思って割り切りましょう。私はiPhoneのリマインダー登録などしておき、忘れないように処理しています。
2013 10 08 120927

2.SBI銀行のハイブリッド預金から普通預金に振り替える

さて、翌営業日になりました。
SBI証券にログインして、ハイブリッド預金に資金が移ったことを確認します。
2013 10 09 081906

さいごにSBI銀行にログインして、ハイブリッド預金から普通預金口座にお金を振り替えます。振り替えたい金額は適宜、指定可能です。(振替処理は即時なので待たされることはありません)
2013 10 09 082120

以上で完了です。
これでコンビニなどからネット銀行のキャッシュカードを使ってお金を引き出すこともできますし、他行へ無料で振り込むことができます。

あとがき

証券会社の即時入金サービスは古くからあり、この方法はもう何年も使っていますが、特に証券会社側も対策などをとらないため、今後も有効であるといえます。

手間がかかることや、最低でも2日間かかることを考えると、手間を嫌う人は敬遠するかもしれません。
しかし1ヶ月〜3ヶ月のスパンでまとまった金額を処理しておけばそれほど苦にならないと思います。

手数料を節約したい人は、是非お試し下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加