日曜ドラマ「半沢直樹」が時間を忘れるくらい面白い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TBSで日曜日に放映されているドラマ「半沢直樹」に絶賛ハマり中です。

直木賞作家の池井戸潤さんの小説 『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』がベースとなっているドラマです。
7月7日に放送された初回放送が2時間スペシャルだったのですが、もう時間を忘れてしまうほどの面白さで、このようなドラマにあったのは久しぶりかもしれません。

スポンサーリンク

登場人物の善悪のわかりやすさ

このドラマに出てくる登場人物は善悪がはっきりしていて、非常にわかりやすいのがポイント。

主人公「半沢直樹」を中心に据え、半沢と敵対する悪人チーム。そして半沢を助けてくれる善人チームがくっきり2つに分けられています。

それでいて善人だと思っていたけど、実は裏で悪人を操っていたなんていう、ミステリー要素も時折、仕込まれているところがなんとも面白い。

痛快のドヤ顔決めゼリフ!

このドラマの主人公、半沢直樹は東京中央銀行の融資課長。
組織の出世争いに巻き込まれ、5億円の融資詐欺の責任を負わされるというところからドラマは始まります。

悪人チームは、銀行の内外からだけでなく、融資詐欺に遭った相手方の社長、そして国家権力を駆使する国税庁までさまざまです。

時には組織的圧力や国家権力や使った理不尽な手法で、半沢を圧倒的に不利な状況に追い込んでいきます。

そんな状況でも、間違ったことがあれば、相手がどんなに権力者であろうと自分の主張を通す半沢が、反撃に転じる時の「やられたらやり返す!倍返しだ!」という決めゼリフが非常にシビれるんですよ。

絶妙なキャスティング

そしてなんと言ってもこのドラマの魅力はキャスティング!
演技派キャストがドラマを盛り上げてくれます。

・半沢直樹・・・堺雅人
このドラマの主人公。どんなに不利な状況に追い込まれても、持ち前の頭脳でひっくり返す。反撃の際はどんな相手でも攻撃的な態度を止めない。
堺さんってホント目の演技が上手いよな〜。映画、ドラマに引っ張りだこなのは納得の演技。

善人チーム

・半沢の妻・・・上戸彩
夫思いの優しい妻役。口うるさいけどそれは愛の証であることが時折、垣間見える。
それにしても、いまだに自分の中では子役イメージが抜けきらない上戸彩が妻役なんて・・・
リアルで結婚したことも影響しているのか?

・半沢の父(故人)・・・笑福亭鶴瓶
回想シーンで時々現れる半沢が銀行員を目指すことになったきっかけを作った人。
「人と人とのつながりを大切にしろ、ロボットみたいな仕事はするな」という言葉を残す。

・半沢の同期1・・・及川光博
銀行内での情報通でもあり、いたるところで助けてくれる頼もしいお友達。
相棒を卒業したミッチーが演じていますが、ミッチーの演技はいつみてもミッチーなんだよなw

・半沢の同期2・・・滝藤賢一
同期の中では出世頭であり、半沢とは剣道仲間でもある。
ところがストレスによる総合失調症を患い、出世コースからは外れてしまう。

滝藤さんは映画「ゴールデンスランパー」で、これまた主人公を演じていた堺雅人さんの整形後の役をやっていましたね。
整形前の顔の人と整形後の顔の人が、このドラマで共演を果たしたという、映画好きならニヤリとするシチュエーション。

・竹下社長・・・赤井英和
竹下金属社長。不渡りを出して自殺を図ろうとするが、半沢に止められる。
それが縁でなにかと半沢をサポートする役目を担う。
久しぶりにドラマで見た赤井さん。半沢のために探偵真っ青の、超有能な調査能力を発揮する。
それでどうして会社潰れたw。何故かいいカメラ持ってるし(笑)

悪人チーム

・銀行の常務・・・香川照之
半沢の勤務する銀行「東京中央銀行」の常務。史上最年少のスピードで常務まで上り詰めたエリート銀行マン。
香川さんの演技ってやっぱ上手いよな。映画「カイジ」や「キサラギ」での演技は秀逸だったわ。このドラマでは顔芸が多いけどw。

・銀行の頭取・・・北大路欣也
「人」を大切にする信念を持つひと。「特別出演」というクレジットどおり、ほとんどワンポイント出演。
何年か前に同じ時間にやっていたドラマ「華麗なる一族」では準主役だった人。いつも偉い人の役です。

・東田社長・・・ 宇梶剛士
融資詐欺を行った西大阪スチールの社長。顔からして悪人面。
宇梶さんが風貌、しゃべり方を悪人っぽく役作りしてるんだけど、どうみても安岡力也にしか見えない・・・

・東田の愛人・・・壇蜜
愛人役はイメージどおりの壇蜜さん。今回はかなり活躍しています。意外と演技上手いかも。
お約束のサービスカットも、各話必ず存在するところも見どころw。

まとめ

8月8日現在、ドラマは第4話まで放送されていますが、平均視聴率は既に27.6%にも達しています。

ネットでも話題になっているようで、原作となった本も8月2日に再発売され、これまたかなりの勢いで売れているようです。

私は原作を読んでいないのですが、これをきっかけに読んでみたくなりましたよ。いや~ドラマの効果ってスゴイです。
今にもポチってしまいそうなKindle版もあります。

さて次回の第5話は、どんどん窮地に立たされる半沢がいよいよ反撃に打って出ます!
10倍返しは実現するのか?楽しみです!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. かまちゃんのブログ より:

    壇蜜in「半沢直樹」

    壇蜜は演技がうまくない。ズバリいってしまえば、 下手だ。 でも、壇蜜はドラマを壊

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>