NISA口座が「投資信託の積み立て専用口座」に最適な理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2013 07 24 11 48

株や投資信託の売却益が非課税になるNISA(少額投資非課税制度)ですが、どういった活用方法が最適なのでしょうか?

今持っている株と同じ銘柄を購入して寝かせ続けるのもいいかもしれませんが、NISAのような100万円という制限がある口座の場合は、「投資信託の積み立て口座」に向いていると個人的には考えています。

今回はNISA口座がどれだけ積み立て口座に最適なのか、理由を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

株がNISA口座の性質にあまり向いていない

NISAの上限100万円という金額は普通に株を購入すると、すぐに達してしまう金額です。

株には「売買単位(最低売買単位)」という、購入するには最低これだけ必要という株の単位が存在し、株価とこの売買単位を掛けた金額が100万円を超えてはいけません。

例えば、株価が10万円のA銘柄と、同じく10万5000円のB銘柄があるとします。
どちらも売買単位が10株の場合、A銘柄は100万円以内なので購入可能ですが、B銘柄は100万円を超えてしまうため、購入できません。

つまりB銘柄を購入する場合は、株価が10万円を下回るまで待たなければなりません。
資金はあるのに口座の制約のために、購入する銘柄が制限される。これは非常に効率が悪いです。

よって株をNISA口座で運用する場合、特定口座や一般口座より考慮しなければならない制限ができるため、株はあまりNISA口座に最適ではありません。

投資信託は積み立て機能がある

投資信託は株と違い、少額の単位で購入することが出来るため、株より購入の敷居は低いと言えます。

また、証券会社によっては「自動積み立て」サービスを行っているところもあり、
「毎月8万円ずつ購入」という設定さえしておけば、ほったらかしでも毎月8万円ずつ投資信託を購入してくれます。
※毎月8万円であれば、年間の購入額が96万円となり、100万円の範囲内に収まる。

貯金する習慣が身についていない人でも、強制的に引き落とししてくれるので、「資産運用はやってみたいが、貯金がない」って人でも、簡単に資産運用がはじめられます。

変動リスクを考慮できる

現在の日経平均株価は、15,000円近辺をうろうろしています。

仮にNISA口座がはじまる来年、同じ15,000円程度だったとして、そこで一括で100万円分購入するとします。
さて、この15,000円という水準は、過去10年の歴史の中で割安と言えるでしょうか?

今はアベノミクス効果で期待で買われていてる相場状況ですが、もしアベノミクスが失敗に終わったり、かつてのライブドアショックやリーマンショックのような金融危機があった場合、10,000円をまた割る可能性もあります。

これから上がり続ける可能性もありますが、下がる可能性もある状況では、100万円全額を一括購入するのはちょっとリスクが高いです。

20130724 nikkeihekin kabuka

その反面、毎月積み立ての場合「ドルコスト平均法」という運用ができるので、結果、1年後の平均購入単価が安く、かつリスクを抑えられます。

ドルコスト平均法は、値動きのある金融商品を同じ金額ずつ買い付けていく(積み立てて行く)といった単純な運用方法ですが、同じ口数(等量)ずつ買付けていくよりも平均取得価格が低くなるため、投資効率がよいといわれています。

さいごに

投資信託は手数料ばかりかかるイメージがありますが、今はノーロード投信などの手数料が割安なファンドも登場してきていますので、決して悪いイメージばかりではありません。

頻繁に株を売買する人は、特定口座や一般口座で従来どおり取引して、頻繁に売買することに向かないNISA口座では、バランス型ファンドで積み立てることでリスクを抑えた資産運用が可能です。

NISA口座は1人1口座なので、家族の口座などを開設して、それぞれの口座で積み立て設定を行えば、ほったらかしでもそれほど管理も複雑にはなりません。

もしNISA口座のメリットが見いだせない方がいましたら、こういった活用方法があることを知っておいてもらえればと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>