MacBookのキーストロークが硬くなってきた時の対処方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MakBookなどのモバイルパソコンを使っていると、段々、キーストロークが硬くなってくることってありませんか?
キーを押したはずなのに、画面には押したキーの文字が入力されていない。
もう一度、ちょっと強めに押すと入力される。みたいな現象です。

しばらく使っているうちに直ればいいのですが、そのまま直らないケースがほとんどで、これは文字入力を行っていくうえで大きなストレスになってきます。

そんな時はAppleストアに持ち込んで修理を依頼するのが一番手っ取り早いです。
でも持ち込む手間もかかりますし、保証期間外であれば費用もかかるので、できればそれは最終手段としてとっておきたいもの。

スポンサーリンク

何が原因なのか?

大抵はキーの間に入った小さなゴミが原因です。

MacBookは一つのキーが独立した形ではめ込まれており、キー間が繋がったノートPCと比べて、特定のキーに問題が起きることが稀にあるようです。

それならキーを外して掃除したらいいのでしょうか?
MacBookのキーは一応、外すことはできますが、キーの間の爪を間違って折ってしまったら大変です。ググってみると外して掃除している人もいますが、真似して失敗したら怖い・・・

Macのアルミキーボード取り外し方法 – 備忘録 | PSYCHEDELEDGE

キーを外さずに掃除してみる

それならキーを外さずに掃除したらいいじゃないか!ということで、登場するのが「エアダスター」と言うアイテムです。
エアダスターは空気をプシュっと飛ばして、キーボードやデジタル製品の細かいところを掃除してくれる便利なアイテムです。
IMG 1915

私のMacBook Airも「Rキー」が硬くなってきたので、掃除してみます。
IMG 1916

エアダスターで横から空気を吹き付け、ゴミを飛ばします。
IMG 1917

次に下からも吹きつけ、ゴミを飛ばします。
IMG 1918

おっ!硬かった「Rキー」が柔らかくなりました。
IMG 1923

まとめ

モバイルPCのキーボードは簡単に外せる機種もあれば、MacBookのように外すのに失敗すると手痛いダメージがある機種もあります。
しかし日常、使っていれば小さいゴミやホコリは入ってしまうことは、避けられません。

「エアダスター」はAmazonなどに普通に売っていますので、1本購入しておけば、なにかと安心です。
もしMacBookを使っていて硬くなってきたキーがでてきたら、修理に出す前にこの方法を試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加