これから会社を作る人のための法人用銀行口座の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2013 07 11 14 38

これから会社を作ろうとした時に必要なのが、銀行口座です。
会社を運営していく上で役員、社員、税理士への報酬を支払ったり、決済口座としても銀行口座は必要不可欠です。

しかし、最近は銀行側が休眠会社や架空口座への監視を強めており、法人とはいえ信用も実績もない会社の口座を開設できないようにしています。
信用はこれから作っていくのに、そのための口座が作れないのは本末転倒であり、一部の人々のために、これから事業を始めようとする人が、割を食うのはおかしな話ですが、これも現実です。

私も小さな会社を経営してますが、はじめに会社用の銀行口座を開設するときは非常に苦労しました。
後になんとか口座を開設出来ましたが、その時に得た情報を今回、ご紹介します。

スポンサーリンク

地方銀行が狙い目

銀行の口座を作る時、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行など、メガバンクと呼ばれている銀行で口座を開設しようと思っても、まず断れられます
メガバンクは大企業などの大口顧客には優しいですが、小口の顧客には非常に厳しいです。

そんな時は、地元の地方銀行での開設を狙ってみましょう。
地方の中でも県名がついたような銀行は断れるかもしれませんが、それ以外の銀行は比較的審査が緩く、実績や信用がなくても口座を開設出来ることがあります。

ちなみに私の地元は千葉なので千葉銀行に口座の開設を申し込みましたが、「実績がない」という理由で、審査で断られてしまいました。
ダメ元でもう一つの地元銀行である京葉銀行に行ったところ、口座を開設することが出来ました。

このように複数の銀行を回ってみることも、有効な手段かもしれません。

税理士さんに紹介してもらう

地元銀行でも断られてしまったら、どうしたら良いか?

次にお勧めなのが「税理士さんに紹介してもらう」ことです。税理士さんであれば、銀行とコネクションがありますので、クチを聞いてもらえることがあります。

銀行に個人口座を作っておけば、ある程度の信用があるから、その銀行で口座開設できるというのでは?という意見もありますが、私の経験則からそれはあまり関係ありません。

ネット銀行なら確実

これまではリアル店舗を持つ銀行の話でしたが、ネット専業銀行などは、法人の銀行口座は簡単に作れます。
中でも楽天銀行や、住信SBI銀行は、審査もほとんどないのでお勧めです。

しかしネット銀行は知名度があっても、まだまだ万能ではありません。
公共料金の決済が出来なかったりしますし、税金などの支払いはやっぱりメガバンクや地方銀行、ゆうちょ銀行の方が強いです。

まとめ

法人口座を作るのであれば、地元の銀行とネット銀行それぞれひとつずつ開設しておくと便利です。

社員用の給料口座も、同じ銀行で開設しておけば、手数料などのコストが安く済みますし、振り込みもネット経由でできます。
ネット銀行で出来ない決済などは、地元銀行の方で決済するなどして使い分けるといいかもしれません。

私は楽天銀行に社員口座を作り、楽天銀行の法人口座から振り込み予約で、毎月給料の支払いを行っています。毎月、ログインして振り込み処理をする必要がないので、非常に管理が楽です。

ただあまり口座を作りすぎると管理が大変なので、2つまでの運用をお勧めします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>