iPadを買い替えたら要確認!古いiPadはこんな使い道がありますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20130526_iPad_clogo
photo credit: Johan Larsson via photopin cc

Apple製品は1年ごとに新製品が発売されるので、新しいiPadやiPad miniなどを購入した時に、古いiPadの使い道に困ってしまうことがあります。

初代iPadが発売されたのは、2010年5月28日。
iPadが世に出てから既に3年近く経過しているんですよね。

私は初代iPadを所持しています。iPadは3年間、iPhoneとは違った魅力を持つタブレットとして、いたるところで活躍してくれました。そして去年の年末に「iPad mini」を購入してからは、初代iPadはメイン端末という役割を終えました。

しかしメイン端末という役目を終えても、生活のいたるところに活躍の場を拡げる可能性をもっているのが、iPadの素晴らしい特徴。
今回は、使わなくなったiPadのさまざまな使い道をご紹介します。

スポンサーリンク

両親へプレゼントする

iPadは、親世代の年齢層と非常に相性がいいです。
理由は以下のようなものがあります。

  1. 直感的に操作ができるので、操作方法の習得が簡単
  2. 拡大、縮小が簡単にできるので、ビューアとして優れている
  3. カバー、ケースなどを利用して雑な扱いでも壊れにくくできる。

親世代は、技術習得や小さい文字が苦手なことが多く、ノートパソコンなどをプレゼントしても、結局は使わずに、いつのまにかホコリを被っていたというケースが多いです。

iPadとこれだけ相性がいいのであれば、「とりあえず触ってみよう」という気にもなりますし、使いこなせなかったとしても、実質的には「お下がり」な訳ですから、親用に新品を買うことを考えれば、お財布へのダメージも少なくてすみます。

また、親世代は新聞を購読している方も、多いことでしょう。
最近はiOSアプリでも新聞系アプリが増えてきたので、虫眼鏡で新聞を読んでいる親をもつ方は、セットアップして渡してあげれば、喜んでもらえること間違いなしです。

子どもの知育教育に役立てる

iPadには、子どもの知育教育に役立つアプリが豊富に揃っています。

中には「絵を描く」、「間違いさがし」、「音楽遊び」など、子ども用の学習教材に付属してくる知育グッズに勝るとも劣らないアプリを、簡単にダウンロードすることができます。

他にも自分のメイン端末としているiPadを、子どもに預けると傷だらけにされてしまったり、床に落としたりで、預けている間は気が気じゃない、お父さん居ますよね?(まさに自分なのですが)

既に使わなくなったiPadなら、子どもに渡しても自由に使わせてあげることができます。
「子ども専用にiPadを買うまでもないなぁ」というお父さんには、子どもに与えるいい機会となることでしょう。

ママのお料理のレシピ用として役立てる

iPadと相性のいいレシピサイトとして有名なクックパッドというサービスがあります。

このサービスの特筆するべきところは、アプリ経由の利用者が多いところ
中にはPC利用者もいますが、近年はアプリ経由の利用者が順調に増加しており、去年の年末時点では680万人にも達したのだとか。

私もクックパッドを自宅での料理に役立てていますが、タブレット登場以前では、水に弱いノートパソコンをキッチンに置くことに、いささか抵抗感がありました。
古くからあるレシピをPCで印刷するのは論外です。

iPadのような電子機器は、濡れた手で触ると拭きとるのも大変ですし、ましてや油なんて付いてしまったらベタついて、残念なことになってしまいます。

そんな場合でもiPadをジップロックに入れて、防水仕様にしてキッチンに置いておけば、レシピビューアとして活躍してくれます。

またクックパッドに限らず、タイマーアプリや時間つぶしのYoutubeなどさまざまな使い道がありそうです。
このようにキッチン専用タブレットとして役立てるのも一つの案ではないでしょうか?

ドライブ用の車載モニターとして使う

最後にファミリー向けに役立てる方法を、2点ほど紹介します。

1つは、iPadを車載化するという方法です。
最近のナビアプリの性能は、市販のカーナビより優れているものも多く、数万円〜十数万する高額カーナビを購入しなくても、ナビとして使う分には充分なアプリが数多く提供されています。

MapFanやnavicoのような、地図データを取り込みオフラインでも使えるナビアプリもありますので、Wi-Fiモデルでも大丈夫です。

安いうえに地図の更新も簡易で、しかも持ち運べるスマホナビの威力は絶大ですね。これはカーナビが売れなくなるのも、納得してしまいます。

→ iPhone、iPod touch、iPadで使えるカーナビアプリ集 – NAVER まとめ

2つめは、私が最もおすすめする方法なのですが、
ナビとして使うのではなく「後部座席のモニター」として活用する方法です。

例えば、小さなお子さんをもつご家庭などでは、長距離のドライブに出掛けた際に、後ろの子ども達が騒がしくて、おとなしくしててほしいってことありませんか?

そんな時には、映画やアニメなどのムービーを見せておけば、数時間程度は安心です。しかし後部座席でDVDの映像を見るには、後ろにモニターを取り付けて運転席のプレイヤーから配線を引かなくてはなりません。

そんな面倒なことをしなくても、iPadを車載ホルダーでヘッドレストに固定してしまえば、後部座席用のモニターに早変わりします。

電源はモバイルバッテリーを用意するか、シガーソケットから取る必要がありますが、もともとiPadはバッテリーが長時間持続する作りになっているので、常に充電しなければならないことはありません。

→ ドライブ中、子供をiPad車載ホルダーでおとなしく。〜後部座席用〜 – NAVER まとめ

あとがき

iPadは個人で使うビューアとして、さまざまな活用方法がありますが、もしiPadを買い換えたとしても、使わなくなったiPadは、お子様や奥様、両親に使ってもらうことで、また新たな使い道が生まれることになります。

もちろん売却するという選択肢も否定はしませんが、長年使ってきた愛着あるiPadを手放すことは、なんとなく寂しい気もしませんか?いくらApple製品が高く買い取ってもらえるからといっても、古いiPadは、それほどいい買い取り価格にはなりません。

もし、自宅に使わなくなったiPadがあるのであれば、そのiPadの第2の人生を考えてみてはいかがでしょうか?

また、「iPad mini欲しいんだけど、今はiPad持っているからなぁ」といった理由で、iPadの購入に二の足を踏んでいる人にとってもメリットはあります。
手持ちのiPadの活用方法の幅が拡がれば、新しいiPadを買っても今のiPadは無駄にはなりません。

iPad miniは超絶、便利なので、最後に迷っている人の背中を押しておきたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>