ガンホーが行った株式分割。何故、分割で株価が上がるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2013 05 15 12 28
photo credit: starpause kid via photopin cc

※2013/10/29追記
2013年10月29日に発表された、ガンホー株の100分割の権利確定日について、検索エンジンから辿り着く方が多いみたいです。
12月30日の最終の株主名簿に記載または記録された株主の所有普通株式1株につき、100株の割合をもって分割されます。
そのため12月25日に株を購入しておかなければなりません。

※2013/6/27追記
2013年5月9日に発表された、ガンホー株の10分割の権利確定日について、検索エンジンから辿り着く方が多いみたいです。
今回の6月末の権利確定日は25日です。この日に株を保有していれば、7月1日に10分割後の株を手にすることができます。

先日、パズドラでおなじみ「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」の株価が任天堂を一時抜いたというニュースが流れました。

ニュース記事の中では「株式分割を好感」と書かれていますが、そもそも株式分割で株価が上がる理由を皆さん、ご存じでしょうか?

スポンサーリンク

株式分割とは?

企業が発行している株式のうち、1株を複数に分割して株数を増やすことを言います。
例えば1株を2株に分割すると、企業が発行している全発行済み株式の数は2倍になり、投資家が保有していた株も同じく2倍になります。

全体の時価総額は変わりませんので、理論上、株価は半分の価格になりますが、
株式数が増えたため、株式の時価(株価×株式数)は変わりません。
つまり株式の価値だけで考えれば、株価が上がる理由がありません。

それでは何故、分割により株価が上昇するのか?
それは株式分割が、株式の価値以外にもメリットを持っているからです。

株式分割のメリット

株式の流動性が高まる

株は「買いたい人」と「売りたい人」の売買により成り立っています。
市場で流通している株の数が多いほど、「買い」や「売り」が成立しやすくなります。

例えば、ある企業(銘柄)が株を100株発行しているとします。
その株に1,000人の「買いたい人」が現れた場合、株を買うことができるのは100人だけです。
結果、900人の「買えない人」が発生することになります。

そこで企業が株式を10分割して発行済み株式数を増やしたとしたらどうでしょう?
株式は1,000株に増え、全ての「買いたい人」が株主になれるわけです。
このように株主が増えることにより、市場で行われる売買が成立しやすくなるのが流動性が高まるメリットです。

株価が下がり買いやすくなる

マザーズやジャスダックなどの新興市場銘柄に多いのですが、数十万円する銘柄を買いたいと思ったことはありませんか?
例えばガンホーの昨年末の株価は、約86万円でした。
いくらなんでも1株買うのに90万円必要なんて、買える人が限られてしまいますよね。

ところが、この価格でガンホーが10分割したらどうでしょうか?
買いやすい価格の9万円程度まで下がりますね。
このくらいの価格であれば、多くの資金も必要なく、より多くの人に株を買ってもらえます。

より多くの人が株を購入できれば、前述の「流動性が高まる」ことにもなりますね。

増配しなくても配当が増えることがある

「権利確定日」(詳細は後述)という決められた日に株を持っていると、株主には配当金が支払われます。
配当金は1株配当といって、1株につきいくらという金額が設定されており、企業が決算の時などに利益を分配するため、1株配当の調整を行います。

決算発表で「増配」や「減配」、「無配」などの言葉で、株価が動くのはこの1株配当が、「増えたのか」「減ったのか」「無いのか」の影響によるものです。
株式の分割が行われると株価同様、この配当金も分割されます。

ところが、ガンホーのように業績が好調で、株主をもっと増やしたいと考えている企業は、既存の株主に株を持っていてもらいたいため、株式の分割後もこの1株配当を据え置きにするケースがあります。

つまり「配当金×株数」が、貰える配当金額だとすると、1株配当が据え置かれた場合、株数が増えた分だけ、配当金額が増えることになります。
「増配」していないのに配当金額が増えるのは、株主なら嬉しいですよね。

株式分割の権利を得るには?

株式分割は買った人に1回ずつといったような仕組みではありません。
株式分割の権利を受けられるのは、「権利確定日」という決められた日に、株を持っている必要があります。

権利確定日とは?
株主が受けられる権利(配当、優待、株式分割など)が確定する日付のこと。
この日時点で保有している株数に応じて、上記の権利が確定する。

権利確定日直前には、権利目当てのため投資家が殺到し、株価が高騰することもありますので、長期にその株を保有したい場合は、割高で株を掴まされる危険性があることを承知しておきましょう。

まとめ

ガンホーの株価上昇のニュースは、ここ最近、毎日のように経済ニュースを賑わせているので、「今買ったら儲けられるのでは」という気分になってしまいますよね。

確かにパズドラのようなキラーコンテンツを持っているガンホーの潜在能力は、今の株価以上かもしれません。

しかし短期間で急上昇した銘柄は、短期間で急下降するというセオリーは歴史が証明してくれています。新聞やニュースなどを見て安易に手を出してしまうと、株が下がった時に後悔することになってしまいます。

かつて私もそんな失敗をした経験があります。だからこそ、今のガンホーのニュースは冷静に見ていられるのですが・・・

最近、株をはじめたばかりの人は、周りに流されることがないように、いったん冷静になってから買い注文を入れるようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加