「わたしのファミカセ展」に行ってきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2013 05 15 22 43
photo credit: Drifty via photopin cc

先日の変態仮面ツアーの流れで、吉祥寺にある「わたしのファミカセ展 2013」に行ってきました。

かつて家庭に1台はあり、今年で生誕30周年を迎えるファミリーコンピュータ(略称:ファミコン)。
ファミコンはカセットと呼ばれるカートリッジを、ファミコン本体に差し込んで使います。

カセットは各メーカーより多種多様なデザインで生み出され、「カセットの形がメーカーの特徴」という今のような全てのゲームが同じパッケージという時代には、懐かしいものさえ感じます。

そんなファミカセのラベルをキャンバスにし、さまざまな職種のクリエイターたちが独自のラベルをデザインする展覧会が、この「わたしのファミカセ展」です。

スポンサーリンク

わたしのファミカセ展

場所は吉祥寺の「METEOR」というショップで開催されています。
IMG 1408

イベント用のポスターです。「接待ゴルフ」というオリジナルゲームが掲載されていますね。
IMG 1409

店内にはオリジナルデザインのカセットが壁一面に展示されています。
また、かつてのファミカセも各メーカーごとに並べられています。このカセットは買うこともできるそうで、オール800円で購入できます。
IMG 1410

なんと懐かしの「バーチャルボーイ」が!!
ゲームボーイを開発した横井軍平氏(故人)による斬新なゲーム機でした。セールス的には失敗しましたが、個人的には時代を先取りしすぎたのだと認識しています。
IMG 1411

部屋の片隅には、ファミコンの後継機「NEWファミコン」が展示されていました。
初代デザインのようなイジェクトボタンが廃止され、カセットを手で引っこ抜くタイプのゲーム機です。コントローラーが取り外しできるのはいいですよね。
ちなみに稼働しているゲームは、アイレムの「スペランカー」です。
IMG 1412

反対側にもNEWファミコンが設置してありました。稼働しているゲームはハドソンの「スターフォース」。いや〜懐かしいですね。
さりげなく有野課長の姿も・・・
IMG 1414

まとめ

ファミコンのカセットをデザインするというアイデアは、非常に斬新でなかなか思いつかないもの。それをあえて実行してしまうのが、すごいですね〜。

このファミカセ展はスタートしたのが2005年で今年で9回目の開催なのだそうで、今回は招待作家とは別に、一般公募による作品も89本展示されているのだとか。

展示されているファミカセもそうなのですが、私的にはかつてのファミカセをひとつひとつ見ることができ、短い時間でしたが記憶の引き出しを辿る作業が楽しかったため、長時間居たような不思議な感覚になりましたね。

こちらの展覧会は5/31(木)まで開催されているそうなので、興味のある方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか?


※5/15追記
キャッチアップ画像差し替えました!ご指摘ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>