au版iPhone5における一連の問題についての対応で思うこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Iphone
photo credit: MIKI Yoshihito (´・ω・) via photopin cc

先日のau決算発表会であった、田中社長の発言がネット上で物議を醸しています。

問題となっているのが、現在のauの主力端末と行っても良い「iPhone5」が対応しているLTEの対応する地域についてです。この問題について意見を述べられているのが、私がいつも拝見させていただいている「アナザーディメンション」のチーさん(@ktoi_chi)。

→ 2GHz帯のLTEは混雑エリアへのスポット。au版iPhone 5は過渡期端末に

この記事を一読した上で、私の意見を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

au版iPhone5ユーザーとして

auとしては今後、トラフィックが集中するスポットに重点的に対応していくとのことですが、それが何処なのかは公表している対応エリアからは判断できません。

「混雑するスポット=比較的、都会で人が多いところ」と解釈するのであれば、対応スポットに住んでいたり、勤めているユーザーは、それほど問題ないといえるでしょう。

一方、地方、田舎に住んでいるユーザーでも比較的、移動中にLTEエリアに入ったことが確認出来るなら、その恩恵を少なからず受けていると言えます。

一番納得いかないのが、今後のLTEエリア拡充を期待して購入したiPhone5ユーザーです。
中には生活圏内のほとんどのエリアで3Gしか入らないユーザーもいるかもしれません。そういったユーザーは、LTEの恩恵を受けることが出来ません。

特にソフトバンク版iPhone4Sを使っていて、回線の品質重視でau版iPhone5にMNPしたユーザーは納得いかないんじゃないでしょうか?

値上げされたのに、3Gエリアメインで使うことになるのですから、それだったらソフトバンク版iPhone4Sで充分だったという結論になります。(端末の機能は別として)

auは後から「iPhone5の4G LTE」地域について「誤記」という表現で、後日訂正していますが、公表するまで大量のiPhone5を販売しており、それに対するケアを全くしてないことから、既存のau版iPhone5ユーザーは、SB版iPhone5ユーザーと比べて「不利益を被っている感」があります。

過渡的端末といえば

引用元の記事でも書かれている「過渡的端末」ですが、同じような扱われ方をしている端末をひとつ思い出しました。初期のAndroid端末です。

初期のAndroid端末は、ドコモやiPhone導入前のauが主力端末として販売していました。
今でこそAndroidのバージョンアップにより、動作も快適になってきましたが、初期のAndroidは、バッテリーがもたない、動作がもっさりするなど、iPhoneとは比べものにならないほどの出来の悪さでした。

キャリアも1つの端末で、Androidのバージョンアップに対応可能な端末作りに注力せず、「Androidの1つのバージョン=1端末」というラインナップ構成を仕掛けていました。そのおかげでAndroid端末では、大量の過渡的端末が量産されてきたことは記憶に新しいと思います。

スマートフォンに限らず、かつてのガラケー(フューチャーフォン)も過渡的端末というより、実験的端末が多くて、奇抜な端末が現れては、消えていくという事を繰り返していました。

おそらく販売する側も、「数打ちゃ当たるだろう」的な感覚で手当たり次第、出していたのでしょう。(特にドコモに多かった気がする・・・)

さいごに

今回、auの数々の障害(パケ詰まり、メール障害など)や、LTEエリア拡充への対応を見てもわかるように、auはあまり「ユーザーの声を拾わない」企業であることが、さまざまなメディア、SNS、ブログで指摘されています。

実際にパケ詰まりは、去年の年末からTwitterなどで多くのユーザーから指摘され、中にはauのお客様窓口に無償解約を依頼し、その一部始終の音声をネットで公開するという強者もおりました。

無償解約までは行き過ぎだと思いますが、私たちユーザーの声を拾って、すぐに何かしらの対応をしてくれない企業への対応方法は結局のところ、「次回からその企業の製品は選択しないこと」だと思います。

iPhoneのような複数キャリアから発売されている端末は、料金プラン、契約条件も、キャリアごとに差別化されず、むしろ類似する傾向にありますので、後は回線品質などで判断するユーザーも多いです。
そのためか、auは回線品質をアピールし、ソフトバンクは回線でずっと不利だと言われていたので、そのイメージを払拭することに躍起になっています。

私たちユーザーとしては、回線品質だけでなく「ユーザー対応はしっかりしているか」といった部分もキャリア選択の判断材料にしたいところですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>