私が映画を倍速で観る理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

medium_2617064975
photo credit: Ѕolo via photopin cc

話題の映画や、ブログでおすすめされていた映画を、映画館に行ったりレンタルDVDなどでよく観ています。
最近は仕事や情報収集、読書などの時間を優先させているため、映画をあまり観られていません。

DVDに限りますが、そんな状況でも効率よく映画を見る方法としては「倍速再生」という形を取っています。

スポンサーリンク

早送り、iPhoneアプリを駆使

倍速で見る方法は2パターンあります。

1.DVDプレイヤーの「早送り」機能を使う。
2.iPhoneアプリ「SpeedupTV」を使う。

1.DVDプレイヤーの「早送り」機能を使う。

これが一番、手っ取り早い方法です。
DVDをプレイヤーにセットして再生するだけです。
洋画などの字幕映画は2倍速でも問題なく楽しめ、2時間の映画でも2倍速にすれば1時間で観ることができます。

また最近では邦画でも字幕付きの映画が多く、時間短縮の環境は少しづつ良くなってきています。
この方法をとるためには、DVDプレイヤー側で以下の機能が揃っていることが条件となります。

1.1段階目の早送りが「2倍速であること」。
2.早送り中に音声が再生されること。

条件1.については、市販のプレイヤーがほとんど2倍速なので問題はないでしょう。
問題は2.の方です。ソニー製のプレイヤーなどは早送りの際に音声が出ない機種が多いので、注意する必要があります。

iPhoneアプリ「SpeedupTV」を使う。

iPhoneには「SpeedupTV」というアプリがあります。

動画スピード調節 SpeedUpTV 1.10.2(¥250)App
カテゴリ: ユーティリティ
販売元: mix1009 – Chun-Koo Park(サイズ: 3.6 MB)
全てのバージョンの評価: (785件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

このアプリのいいところは、0.5倍速から2倍速まで指定できることです。
iPhoneの画面は小さいので、TVのような迫力ある映像は期待できませんが、電車に乗っている時などスキマ時間を有効活用できることが最大のメリットです。

なぜ倍速再生なのか?

映画というのは観ても観なくても、日常生活になんら影響を与えるものではありません。
映画館に行けば1,500円以上かかりますし、レンタルDVDでも返却の手間がかかることを考慮すれば、あまり手軽に楽しめる娯楽でもありません。

レンタルで返却の手間を省くのであれば「TSUTAYA DISCAS」というサービスもあります。

映画を観る時間を削れば、他のさまざまなことができる時間を確保できます。
日々、忙しくて時間を確保出来ない人で、映画をガッツリ観ている人はそういないでしょう。
そんな状況でも倍速にすれば空いた時間に、まとめて複数の映画を観ることができます。

「そんな倍速で観るなら、観なければいいのでは?」という意見もありますが、そもそも映画というのはゲームや書籍などと一緒で「消費するもの」です。
毎日、新しい映画が供給され、面白い映画、つまらない映画たくさんある中で、自分が面白いと感じる映画だけを見続けることはできません。

自分は子供の頃から、映画を観ることに慣れ親しんでいるため、「全く観ない生活」というのが想像できません。
それであれば、できるだけ効率的に映画を「消費する」という方法を試していければよいと考えています。

あとがき

映画というのは人それぞれ、接し方が違います。
大好きなアニメ映画が楽しみで、封切り初日に並んで映画館で観る人、デートの時しか観ない人、レンタルが始まったら新作で借りる人、節約のため旧作まで待って借りる人。楽しみ方は人それぞれです。

「時間は限られている、でも観ることを止めるまではいかない」という人は、結構多いのではないでしょうか?
観ることを止めてしまうより、効率よく映画を消費する方法を検討してはいかがでしょうか?
自分は今後もこの方法で、話題の映画などは効率良くチェックしていきたいと思っています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加