インフレ時代に「なにもしないこと」のリスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

medium_6760919223
photo credit: Grace5mith via photopin cc

最近、経済のニュースが賑わってきているなと感じています。
それは去年の年末から続く「アベノミクス」が、世の中にじわじわと影響を与えてきているからなのでしょう。
現在、政府と日銀が一体となって、2%のインフレ目標を目指すことにしています。

そしてニュースや新聞などでも騒ぎはじめているとおり、新年度から食料品や電気・ガスが値上がりし、いよいよインフレ時代が到来しそうな雰囲気です。

今後、インフレ時代を迎えるにあたり、今までデフレ時代しか経験したことがない私たちは、どういった心構えが必要でしょうか?

これから始まるインフレではさまざまな価格が上がり、これまでのように倹約さえしていればいい時代ではなくなります。
嫌でも支出を減らすだけではやっていけなくなるでしょう。

そんな今、「なにもしないこと」はリスクになるかもしれません。
月々の生活費がインフレにより上がっていけば、貯金はどんどん目減りしますし、そうならないために貯金を守る行動が必要です。

では具体的にどうしたら良いのでしょうか?

スポンサーリンク

収入を増やす「副業」

まずは、「副業」で収入の入り口を増やしてみてはいかがでしょうか?
インフレになれば、給料が上がってくる企業が増えてきます。お金を使いたいと思う人が増えてくれば、そこにチャンスやマーケットが発生してきます。

デフレの時には、生活することに精一杯で趣味にまでお金を回すことはない人が多かったですが、今後は趣味にお金を使う人が増えてくると思います。

その影響で趣味系のサービスや、コレクター商品などのニッチ市場が活性化してくるかもしれません。

そういった市場は、副業に向いている世界なので、まだ誰も参入していない荒らされていない市場が埋もれている可能性もあります。そういった市場を攻めていけば、大きく稼げる可能性があります。

お金がお金を稼ぐ「投資」

現在は日経平均株価がリーマンショック以前の株価に戻ってきているように、株式市場が、非常に賑わっています。

日経平均は「大企業など」の東証1部が中心の銘柄が多いですが、ジャスダックやマザーズなどに、まだ上がりきっていない割安株もまだまだ存在します。

そういった所に投資しておけば、今後の上昇機運に上手く乗ることができ、「お金がお金を稼いでくれる」状況が生まれます。

また株式だけでなくFX(為替)や不動産なども投資対象としては魅力的です。

あとがき

これからは本業以外の収入源が必要になります。むしろ、稼がないと生き残れない時代になっていくでしょう。

デフレのときは収入が上がらない代わりに、物価も上がりませんでした。だから、なんとかやりくりできた部分があります。

しかし、インフレになってくれれば、収入がそのままでも、物価が上昇していきます。

本業の収入が世の中の物価に合わせて上がっていけばいいのですが、そんな訳にはいかないでしょう。

今後、貯金を守るためにも、今からなにか手を打っておいたほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加