ATOK Passportは文字入力の究極の形を提供してくれるサービスだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2013 03 03 16 10

前回の記事では、自分がATOK Passportに乗り換えるべき理由を挙げてみました。
今回はそのATOK Passportで「何が出来るか」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ATOK クラウドサービス

前回、Dropboxを使った「ファイル」での強引な同期方法があることを書きましたが、ATOKはクラウドサービスとしてこの同期を実現しています。

仕組みはジャストシステムにユーザー登録を行い、提供されたユーザーディスク(50GB)に自分の環境設定情報、辞書ファイルなどをアップロードするというものです。
2013 03 03 233214

単語共有の要、「ATOK Syncアドバンス」

自分の使ってきた歴史ある辞書ファイルは、この機能を使って複数OSで同期を取ります。
2013 03 03 233255

「ATOK for Android」も、ATOK Passportライセンスで最新版を使うことが可能です(iOS版は残念ながら別製品です。でもクラウドは共有可能です)
2013 03 03 233303

複数OSで共有できるということは、同じOSがあっても可能という意味。全部で10台まで共有が可能なので、個人で使う分には充分な量です。2013 03 03 233308

クラウドのもう一つの魅力が、共有だけでなくバックアップも兼ねているということ。意外と辞書ファイルのバックアップは忘れがちなので、これは心強い機能。
2013 03 03 233314

旬のキーワードをネット経由で取得してくれる「ATOKキーワードExpress」
2013 03 03 233225
2013 03 03 233234

新聞で大流行の「こんな言葉の類」も定期的にダウンロードしてくれます。
ATOK Keyword

すごい!こんな変換も!
全画面 2013 03 04 12 34

あまり知られていないのが「おまかせキーワードチャージャー」。
この機能は、特定のサイトやRSSを登録しておけば、そこで話題となっている言葉を学習してくれるという機能。ブロガーなら必須の機能かもしれません
2013 03 03 233241

試しに自分のブログを登録してみました。
自分のGoogle Readerに登録しているフィードからもインポート出来るので、ブロガー仲間で話題となっている言葉を、変換候補に含めることが出来ます。

例:ぶろねく→ブロネク、つなかん→つなカン、でぃーぱぶ→DPUB
おまかせキーワードチャージャー

まとめ

いかがでしたでしょうか?
自分は既に契約を済まし、最新のATOK2013を、WindowsとMacにインストールして、快適な文字入力環境を手に入れました。

もし「自分は月額版じゃなくパッケージ版でいいや」って方がいましたら、実はパッケージ版を安く購入する方法があります。

それは一度、月額版を契約後、シリアルナンバーを手に入れ、優待版のパッケージを購入することです。月額版はすぐに解約します。

「ソフトウェアを月額課金で買う」という仕組みは、常に出費し続けるため、一見ネガティブに思えますが、その「ソフトの最新版を常に使いたい」「1、2ヶ月試してみたい」といったニーズなら検討の価値はあると思います。(値段にもよりますが)

こういった月額課金サービスは、他のソフトウェアでも提供してくれれば、「一つのサービスで継続的な利益」につながるのでメーカー側にもメリットはあると思いますので、どんどん提供されてほしいですね。

余談ですが、マイクロソフトもOSを月額課金で提供したらどうかと思いました。
いまだにWindowsXPから乗り換えないユーザーにもお金を払ってもらえるし、売れないOSを次々と出すよりいいと思うのですが・・・

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>