つながるカンファレンス(つなカン)第4回 に参加しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20120217_つなカン_c_logo

今回で4回目となる「つながるカンファレンス」。
メインテーマは「情報発信とつながり」というこのイベントに、初めて参加させていただきました。

ブログをはじめたものの、一度挫折した経験からどうモチベーション維持していくか?

孤独に書き続けていくことに挫折してしまわないか?そういった自分の不安に対し、答えを与えてくれるかもしれません。

スポンサーリンク

@haya1111さんのお話

はじめに主催者でもあり、私も参考にさせていただいているブログ「HAYA技!」の「@haya1111」さんが登場。
本日の講演内容と参加者の紹介です。

今回の参加者は半数が初参加とのこと。こういったセミナーイベントはリピーターや講演者の関係者などで多数占められることも多いのですが、初参加者が多いということは、このイベントが多方面で告知されている効果でしょうか。

これは積み重ねてきたこれまでのつなカンが、好評価だったことの現れですね。

アイスブレイク

参加者それぞれの「自分の1文字」を書いて、それぞれ発表していくというユニークな試み。

私は「書」という文字にしました。それは「これから自分の思いを情報発信していきたい!」という意気込みを込めています。

@jmatsuzaki氏による熱いオープニング

次は@jmatsuzakiさんのオープニングトーク。
このつながるカンファレンスについての目指す方向や、熱い思いを軽快なトークで紹介してくれました。

・持てる手札を増やすこと
・「挑戦」「体験」「発見」
・オフラインでのコミュニティを築く

今まではブログでしか拝見していませんでしたが、自分のイメージどおりの「情熱的な男」でした。

「システム屋から音楽家へ」突き進むその志は、「システム屋から投資家へ」転身した私と被る部分もあり、初対面なのに妙な親近感がありました。

ばんかさん(@bamka_t)の講演

ばんかさんの講演テーマは「つながることの重要さ」

・自分を形作るものの90%は他人の影響であり、つながりは一本の綱である。
・環境を変えても意味は無い。変えるなら「関わる人」を変える。
・つながりは「真珠のネックレス」である。

☆どうやってつながるか?
 ・いつ → 社外、仕事以外の時間。時間は「使い方を変える」もの。
 ・どこで → 会話を弾ませるには共通項を見つけること。
 ・どうやって → 効率よく自分を知ってもらう。人の足を踏む。

ばんかさんのお話は、これから人とつながっていきたいと考えている自分に、さまざまなヒントを与えてくれる内容でした。
お話が丁寧かつ要点を抑えられていて、とても聞きやすかったのも印象的です。

はまさん(@Surf_Fish)の講演

はまさんはワークショップを交えての「ロードマップ作り」
ロードマップは、まずやりたいことを書き出すこと。そしてそのやりたいことの「目標」「キーマン」を洗い出します。

私はまず自分が一番やりたいことは「始めたばかりのブログを継続すること」。
この目標に向かって突き進むためのキーマンは、先人達の教えも大事ですが、今、同じ目標に向かっている仲間達です。
その仲間達とつながって切磋琢磨しながら、ゴールを目指していきたいですね。

はまさんのブログをいつも拝見させていただいていますが、すごく子煩悩な方というイメージがあります。今度は「子育てをしながらブログを書く極意」っていうのも聞いてみたいですね。是非、よろしくお願いします。

LLT(ライトニングトーク)と質疑応答

過去につなカンに参加された方達によるライトニングトーク。
ご自分のテーマを発表するプレゼン方式で、皆さんとても発表がお上手でした。発表のための準備など、大変だったのではと思います。お疲れ様でした。

質疑応答では、事前に集めた参加者からの質問に、講演者が答えていくという形で進んでいきました。

私も事前に質問を挙げておきましたが、一番知りたかったのは「情報発信していく上での時間確保」でした。

日々、仕事や家庭があると「ブログを書く」という時間は中々とれないもの。
それをモブログや事前のテンプレート化などで、限られた時間内で記事を作成していく工夫など、経験者ならではのお話が聴けました。

講演者の皆さんは、全員ブロガーということで、これまでも様々な壁に当たってきたと思います。

それでも書くことを止めず、今こうして講演までするレベルまで達している。
何事も積み重ねていくことの大切さを教えてもらった気がします。

20120217_つなカン_01

さいごに

二次会では参加者同士で、大いに盛り上がることができました。
随所に主催メンバーさん達の気配りが見られたのも、印象に残っています。

中でも今回の「つなカン」を知るきっかけとなった、ブログ「KeiKanri」の@KeiKanriさんにお会いすることができたのは、一つの収穫でした。

KeiKanriさんのブログは、去年Kanriさんの書かれていた「サラリーマンを辞めるまで」という連載が目にとまり、ちょうど自分もサラリーマンを辞めた時期だったので、おもしろおかしく拝見させていただきました。

「こんなに面白いブログを書く人はどんな人なんだろう?」と勝手に想像を膨らませていましたが、予想どおり楽しい方でしたね。

さて、そんな個人的なことはさておき、つなカンの感想ですが、
つながるカンファレンスのいいところは、人と人とのつながりを深く考えることが出来ること。

たくさんの人と知り合うことだけが目的だったら、DPUBの様な大型イベントに参加し、ひたすら名刺交換すれば「知り合い」は増えます。

しかし、それだけでは「知り合った」だけで終わってしまいます。
本当に大事なのは、それを生かして「何が出来るか」ということ。

つなカンは、つながった人同士で、また新たな試みを生み出していくきっかけを与えてくれるイベントで、ここから生まれたLLTというイベントもあります。

今後は、ここでつながった人たちと第2弾、第3弾と、新たな試みを生み出していきたいと思った素敵なセミナーでした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加